【新ライン】ハイヒールパンプス開発プロジェクト
完成

【新ライン】ハイヒールパンプス開発プロジェクト

2

サンプルをお客さまに履いてもらいました!

2017/02/25

サンプルをお客さまに履いてもらいました!

クリップ

前回は、お客さまにハイヒールパンプス履く理由や不満を感じる点などをお伺いしました。
前回のおさらいはこちら

 

みなさまがマルイのシューズ売り場で目にする、「ラクチンきれいシューズ」は、
モニター会で、お客さまに見た目や履き心地を何度も確認していただき、
そうしてお客さまに認められたものだけが、商品になっています。
 

今回のハイヒール開発も、「脚がキレイに見える」シルエットはもちろん、履き心地に関しても妥協はしません。

これまでの「ラクチンきれいシューズ」開発のノウハウを活かして、
お客さまに出来上がったサンプルの見た目と履き心地を確認してもらいました。


モニター会での確認ポイントは、

鏡を見ながら

「きちんとして見える」
「スタイルやバランスがよく見える」「服に合わせやすい」


という見た目の部分を見てもらい、
 


実際に歩いたりしながら、

「きつくない・痛くない」
「サイズはあっているのに、かかとがカパカパしたりしない」


などの履き心地に関する部分をご確認いただきました。
 

モニターさまから、見た目の部分は

  • 「ヒールが細いから足まで細く見える」
  • 「甲がたくさん出ていて足元がスッキリ見える」
  • 「横から見てもキレイ」

と、とても好評でした。
 

また、履き心地の部分も、

  • 「クッションが効いていて気持ちいい」
  • 「体重の重みを感じない。気持ちよく履ける!」

と、クッションが気持ち良くて疲れにくそうというような声がありました。
 

このクッション、実は「ヒールが高くても痛くない、おしゃれなパンプスが欲しい!」というお客さまの声をもとに、新潟医療福祉大学と共同開発した、インソールなのです。

このクッションは、ただやわらかいのではなく、所々クッションがふっくらしているところがあります。

その理由は、
土踏まずのあたりなどにある「足の3つのアーチ」をサポートすると、
今まで部分的にかかっていた体重を、足裏全体に分散してくれるため、疲れにくいとされています。

なので、このような形になっているのです。
足の3つのアーチについてはこちら
 

このクッションがやわらかくて履きやすいという点は、とても好評でした。

ですが、
「試しに履いたときは良かったけれど、実際に歩いてみたら気になるところが・・」
なんて経験、ありますよね。
 

モニター様のなかにも
「クッションは気持ちいいんだけど、踏み込んだ時につま先が痛い・・」というような声が・・。
 

次回は、「お客さまの声を受けて、サンプルをどう改善していくのか・・」
という内容をご紹介いたします!

どうぞお楽しみに♪

0件の「いいね!」がありました。