アシノコト
2016/06/16

パンパンなふくらはぎを夏までに少しでもスリムにしたい!プロが教えるふくらはぎダイエットとは?

クリップ

夏が近づいてくると、脚を露出する機会が増えますよね。けれど、脚が太いから出すのをちょっとためらってしまう……。そんな風に思ってしまう方もいるのではないでしょうか? そんな方にオススメなエクササイズを実践すれば、スラっとした脚が手に入るかも!? そんなふくらはぎ痩せエクササイズをご紹介いたします。

ふくらはぎが太る理由は意外なところにある!?

どうして、ふくらはぎが大きくなってしまうのでしょうか?ただ太っているのではなく、これにはきちんとした理由があります。

体の部位は筋肉と脂肪によって構成されているのですが、その中でもふくらはぎは最も筋肉の太さが目立ちやすい部位です。ヒールを履いたり、猫背の姿勢で歩いたりすると、体重の負担がふくらはぎに特にかかりやすくなります。ヒールで歩く場合、つま先重心になることが多いと思うのですが、このつま先重心はふくらはぎの筋肉を過剰に刺激してしまいます。

また、猫背の姿勢は踵により重心を置いてしまうため、歩くときに必要以上に地面を蹴る動作が多くなります。この2つの行為は、ただ歩いているだけで、ふくらはぎの筋トレを自然としているような状態になってしまいます。その結果、ふくらはぎのボリュームアップにつながってしまうのです。

ふくらはぎ痩せを実現させるために必要な3つのポイントとは?

ふくらはぎ痩せを実現させるために必要なポイントは大きく分けて、3つあります。
まず、1つ目は『重心の位置を足の真ん中にすること』です。

重力は常に垂直にかかります。ですから、ふくらはぎの筋肉を使わず、下腿の骨に負担を逃すことでふくらはぎの筋肉の減少につなげることができるのです。

次に2つ目ですが、『姿勢や歩く動作を意識しないこと』が大切です。
人が意識できる時間は長くても20分程度と言われています。自分では常に意識していると思っていても、無意識にふくらはぎを使っている時間が圧倒的に長くなってしまうのです。これを知らないと、『こんなに頑張って意識しているのに痩せない』とダイエットのモチベーション低下にもつながってしまいます。それを避けるためにも、無意識にふくらはぎを使わない姿勢を作ることが最も効果的だと言えるでしょう。

最後に3つ目ですが、『タンパク質を摂取すること』です。
素早く筋肉を増やすためにはタンパク質が必要不可欠なので、体重1キロにつき1グラムを目安に摂りましょう。

ふくらはぎ痩せに効果のあるエクササイズをご紹介!

ふくらはぎ痩せに効果のあるエクササイズについて画像を交えながらご紹介いたします。
まず、ふくらはぎ痩せのポイントは2つあります。
1つ目はヒールの負担対策の『脚の付け根-お腹の連動』で、2つ目は猫背姿勢対策の『背骨-肩の柔軟性』です。これらのバランスを整えることがポイントになります。
これらのバランスを整えることは、筋肉感の少ないほっそりした脚を作るために必須です。

【1】まず、イスに座ります。

img01_ふくらはぎ痩せに効果のあるエクササイズをご紹介1

【2】次にイスの後ろに手を置き、肘をピンと伸ばします。この同時に背筋も伸ばします。これがスタート姿勢になります。

img02_ふくらはぎ痩せに効果のあるエクササイズをご紹介2

【3】スタート姿勢を変えないように、足を交互に地面から浮かせていきます。

img03_ふくらはぎ痩せに効果のあるエクササイズをご紹介3
img04_ふくらはぎ痩せに効果のあるエクササイズをご紹介4

この時、大切なのは、『上半身の姿勢をキープすること』です。肘を体の後ろで伸ばすことで、背骨に反りの柔軟性が生まれ、猫背の解消に繋がります。
また、『片足ずつ地面から浮かせること』により、脚の付け根からお腹が同時に使われ、ヒールで歩く時にかかるふくらはぎの負担が減少させることができます。
これらは各20回ずつを目安に行いましょう。

いかがでしたでしょうか? 『ダイエットしているのにふくらはぎが痩せない』とお悩みの方は今回ご紹介したエクササイズを参考に、自分のダイエット方法を見直してみてくださいね。夏はすぐそこ! スリムな脚で夏を楽しみましょう♪

監修/佐久間 健一
2016ミスユニバース日本大会公認講師。 モデルを中心に年間6000件以上のボディメイクを担当。テレビ雑誌監修多数。
URL:http://kenichisakuma.com/
0件の「いいね!」がありました。
  • velikokoラクチンきれいシューズ
  • ラクチンきれいパンプス開発ヒストリー