アシノコト
2017/12/16

足のむくみを解消! どこでもできる簡単エクササイズ

クリップ

通年の悩みである、足のむくみ。気温が下がり、足が冷えてくるこの時期は、特にむくみが気になるという人も多いのでは? 

そんなときに取り入れたいのが、家やオフィスで簡単にできるエクササイズ。

むくみのキーポイントとなる“足首”をメインとしたエクササイズなら、手軽にできて、効率的にむくみを解消できるでしょう。

早速、どこでもできる足首エクササイズをご紹介します。
 


┃足のむくみを解消するポイントは、足首!

 

長時間足を動かさないなど、足の筋肉を使わないことで起こりやすい、むくみ。
特に見た目でもわかりやすく、感じやすい“ふくらはぎ”がむくんでいると思う方は多いと思います。

しかし、見た目からではあまり判断できない、足首が見逃せないポイントです。

ふくらはぎよりも下の位置にあり、血液や水分が溜まりやすいため、足首も同様にむくんでいることが多いのです。
 

しかも足首は、全体重を支えている箇所でもあり、肩などと同様に凝りやすいパーツ。カチコチに凝ったまま放っておいてしまうと、むくみの原因になるだけでなく、足や骨盤の歪みにもつながる場合があるといわれています。

足のむくみ解消の定番ケアは、“血行促進のポンプ役”といわれるふくらはぎのマッサージ。
もちろんそれも大事ですが、足首のケアなら、ふくらはぎだけでなく、むくんで凝った足首も一緒にケアできるんです!

 


┃締め付けるのはNG! “伸ばし”でむくみ解消!


足首のケアというと、アキレス腱をつまんでマッサージしたり、着圧ソックスを使用したりしがち。

しかし、強く押したり、長時間締め付けたりするのは、毛細血管やリンパ腺を傷つける可能性があるため、逆効果になるともいわれています。
 

そこで行いたいのが、足首を伸ばすこと! 

凝ってしまった足首は、ストレッチするだけでも血液の循環を促進し、足のむくみを解消してくれるといわれています。

また足首、ふくらはぎの柔軟性を高めておくことはむくみ解消だけでなく、むくみ予防につながるとも。
 

自宅で、簡単にできる足首のストレッチ方法をご紹介します。
 

  1. 床に座り、右足を前に伸ばします。
     
  2. 右手の指で右足のつま先をつかみ、グッと自分の体の方に引っ張ります。
    これを10秒間キープ。
    反対側も同様に行い、3セット繰り返しましょう。

 

足首とふくらはぎが伸びていることを感じればOK。とっても簡単なので、毎日行いましょう。

 


┃足首をこまめに動かして、むくみ予防!


家でいくらケアをしても、午後や夕方になると、足がパンパン! なんてことはありませんか? 
それは日中、ずっと足を動かさずにいることで、血行が滞ってしまったことが原因かもしれません。
 

少しでも足のむくみを解消するには、
何よりも足首をこまめに動かすことが大事です!

たとえば、できるだけ椅子から立ち上がって歩いたり、移動などはエレベータを使わず、階段を使用したりしましょう。
 

もし、席から離れられないときは、椅子に座ったままできる足首エクササイズを行ってみましょう。
 

  1. 右足を浮かせ、前方に伸ばします。
     
  2. 右足のつま先を伸ばします。次につま先を自分の方向に向け、足首を伸ばします。
    これをゆっくり、交互に10回繰り返します。
     
  3. 次に右足を右回りに10回、ゆっくり回したら、今度は左回りに10回。
    反対側も同様に行いましょう。


足を前方に伸ばせない方は、足を地面につけたままでもOK。
可能であれば、1時間ごとに行うと、むくみの解消と予防につながっていきますよ!

 

足のむくみは万年の悩みだから……と諦めるのはNG! 

ちょっとのケア次第で、改善できるので、気づいたときにこまめに行ってみてください! 

 
 
ライター/ピーリング 麻里子
女性誌の編集ライターを経験後、渡米しフリーのライターに転身。セレブ美容ライターとしてWeb、雑誌、ラジオにて活躍。
0件の「いいね!」がありました。
  • velikokoラクチンきれいシューズ
  • ラクチンきれいパンプス開発ヒストリー