アシノコト
2018/04/26

憧れはかかとがきれいな足! 毎日のケアできれいな足を手に入れよう

クリップ

赤ちゃんのようなツルツルのかかとに、憧れを抱く女性も多いはずですが、空気の乾燥などでガサガサになりがち。

かかとがガサガサだと、ストッキングが伝線するなどのハプニングも起こりかねません。
毎日できる手軽なかかとケアできれいな足を手に入れましょう。

┃保湿ができる靴下で簡単履くだけケア


かかとは歩くことで刺激が加わったり、紫外線の影響を受けたりなど、さまざまな刺激が日々与えられている部位のひとつです。

かかとは多くの刺激を受けると、角質のうるおいを守っている保湿成分"保湿因子"が不足し、角質化してしまうといわれています。
 

紫外線などの外的刺激に加え、冬場は乾燥した空気によってかかとがさらに乾燥してしまうこともあります。
水分が不足して硬くなったかかとを放っておくと、粉を吹いたような状態になったり、ひび割れてしまったりすることもあるため、ひどくなる前にきちんとケアを行うことが大切です。
 

寝ている時間を有効活用してかかとのケアを行えるのが、かかとケア専用の靴下です。


糸にアロエの保湿成分を配合して作られた靴下や、保湿性の高いシルク素材の靴下を履いて寝るだけで、簡単にかかとの保湿ケアができます。

シルクは吸湿と放湿性にも優れているといわれており、ムレを防ぐ効果も期待できる素材です。


そのほか、保温と保湿に優れたチタン配合の靴下やホホバオイル配合の靴下などもあります。

インターネットやドラッグストアなどで気軽に手に入るものも多いので、かかとのガサガサが気になったら早めに靴下で対策をしてみてはいかがでしょうか? 

時間もほとんどかからないケア方法なので、忙しい女性にもおすすめです。

┃寝る前にワセリンをたっぷり塗って潤いかかとケア


足に合っていない靴を履いていると、摩擦や圧迫などでかかとをガサガサにしてしまうことがあります。

また姿勢が悪いことで身体全体のバランスが崩れ、かかとに負担が集中してしまうこともガサガサを引き起こす原因のひとつです。


さまざまな要因が考えられるガサガサかかとは、上記で挙げたようなかかとケア専用の靴下を履く前にしっかり保湿ケアを行うことで、より症状が緩和される場合があります。


かかとの保湿ケアに向いているのが、ドラッグストアなどで簡単に手に入るワセリンや尿素入りのハンドクリームなど。


入浴後に軽くタオルドライをしたら、ワセリンやハンドクリームを優しく塗りましょう。化粧水で整えた後に、ワセリンやハンドクリームなどの保湿剤を塗るのがおすすめです。

たっぷりと保湿剤をかかとに塗ったら、ラップなどを使ってパックをする方法も効果的。
しっかり保湿を行ってから「保湿ができる靴下」を履いて就寝すれば、より効果が得られるかもしれません。

┃週1のスクラブでバスタイムにスペシャルケア


かかとは温かいお湯に触れることで角質がやわらかくなり、角質を除去しやすい状態へと変化することがあります。

バスタイムを有効活用して、専用のスクラブなどで優しくかかとをマッサージするケア方法もおすすめです。


スクラブ以外にも、かかと専用のやすりを使用する方法もあります。
どちらも角質を削ってケアする方法ですが、毎日角質を削り続けていると、肌を傷つけてしまう可能性があります。

肌が傷つけば痛みを感じてしまうこともあるため、週に1回程度のケアが理想的です。

身体全体を支えているかかとには、肌のバリア機能を担っている角質がある程度必要だといえます。
スクラブなどを使用して角質を除去したら、しっかりと保湿を行うことも忘れないようにしましょう。

 

乾燥や油分の少なさからガサガサになることがあるかかと。
きれいな足は、かかとまで手入れが行き届いています。

きちんとケアしてきれいなかかとにしておけば、靴を脱がなければならないシーンが突然訪れても安心です。

毎日コツコツ、かかとのケアをしていきましょう。

 

 
ライター/平田千香子
美容クリニックをもつエステサロンにて、売上管理・販売・カウンセリング・広告制作などに従事。現在、メイクやヘアなど幅広いジャンルの美容ライターとして活躍。
1人のメンバーがいいね!と言ってます
1件の「いいね!」がありました。
  • velikokoラクチンきれいシューズ
  • ラクチンきれいパンプス開発ヒストリー