アシノコト
2015/12/16

2015年秋冬、押さえておくべき万能ブーティー&ショートブーツの選び方!

クリップ

2015年秋冬は昨年に引き続き、ショート丈のブーツが人気で豊作なシーズン。そうなると逆に、たくさんある選択肢の中から「どんな一足を選んだらよいの!??」と贅沢な悲鳴をあげたくなってしまうのが乙女心。

そこで今回は、トレンドの半端丈やボリューム感のあるボトムスともバランスよく合わせられる万能ショートブーツたちをご紹介します。

ボリューム感のあるボトムスには、ショートブーツで合わせる!

ベルトショートブーツ オリエンタルトラフィック(ORiental TRaffic )

ガウチョパンツ、ワイドパンツ、ふんわりミモレ丈スカートなど、ボリューム感のあるボトムスが主流の今シーズン。それらに合ったブーツを選ぶのなら、ショートブーツがお勧めです。

ポイントはボトムスに負けないボリューム感のある足元にすること。それがバランスよく、スタイルアップして見える秘訣です。

筒の高さ(かかとから履き口まで)が10㎝以上のタイプで、筒幅もヒールも例年よりも太めを。丈の短いガウチョパンツやワイドパンツ、ひざ丈スカートに合わせるのなら、さらにもう2〜3㎝筒の長いタイプを選ぶと旬のバランスになります。チャンキーヒールタイプも、今年っぽい印象を色濃くしてくれますね。筒の高さ10〜13cm、チャンキーヒールのショートブーツが一押しです。

ブーツの丈とヒールのデザインによる、視覚効果を味方につける選び方とは!?

視覚から受け取る情報によって、人や物の印象はぐっと変わります。それはファッションの場面でも然り。

例えばブーツ丈は、長くなるほどカジュアルに、短いほどエレガントになります。ヒールも、太く短いほどカジュアル、細く高くなるほどエレガントな印象を与えます。

だから自分をどんな風に見せたいのかによって、このディテールを活かした選択をすると良いと思います。エレガントに見せたい時は、断然細ヒールのブーティーです。足首を見せることで一層女性らしさが演出できます。

またマニッシュに仕上げたい時には、レースアップで低めヒールのショートブーツで引き締めたり、カジュアルに仕上げたい時はサイドゴアの太ヒールで躍動感を、など選択は広がります。

2015年秋冬は、ニュアンスグレーのブーティーやショートブーツも選択肢!

ショートブーツ バニティービューティー(Vanitybeauty)

オーバーサイズ、半端丈、ボリューム感……がキーワードの今シーズンのファッションは、足元も存在感のあるデザインがトレンドです。だからこそ、どこかしらに「抜け感」が必要になってきます。

そんな時、足元にはグレーを選ぶのがお勧めです。今年もトレンドカラーのひとつだけあって実にさまざまなグレーが展開されています。イエロー寄り、ブルー寄り、濃淡もありますし、それから有彩色が混じっているグレーも。中でもグレージュやストーングレーなどのニュアンスグレーは、さまざまな色がミックスされて完結しているので、とても多くの色(の服)と好相性です。

色同士がどこかしらで繋がるから、まとまり感もたやすく出せます。万能色である黒や茶よりも実は使えるニュアンスグレー、今年は探すチャンスです!

わずか数センチの違いや色のニュアンスで、がらりと表情を変えるショートブーツやブーティーは、まさにトレンドを内包したアイテムです。手ごわそうでいて、実は“今”のバランス感やボリューム感に似合うマストハブ。ぜひ納得の一足を見つけてみてください。

ライター/青木 かおる
ファッション・美容・日本の伝統や芸術を学び、資格やディプロマを取得。現在はスタイリングカウンセラーとして活動。
0件の「いいね!」がありました。
  • velikokoラクチンきれいシューズ
  • ラクチンきれいパンプス開発ヒストリー