アシノコト
2016/03/07

卒業・入学・入社の季節! フォーマルシーンでの足元コーデ術

クリップ

いよいよ、卒業・入学・入社の季節到来です。そこで今回はフォーマルなスーツやワンピースなどの装いにふさわしい、マナーやルールに寄り添った、ベストパートナー的足元アプローチ術をご紹介いたします。

フォーマルシーンの足元コーデはおしゃれではなく身だしなみ

02.パンプス MP17756 アルテミス by ダイアナ(artemis by DIANA)
パンプス MP17756/アルテミス by ダイアナ(artemis by DIANA)

大人のファッションシーンにおいて重視すべきは「TPO」です。トレンドを追求することも醍醐味の一つですが、時と場合によって、その場にふさわしいか、空気は読めているか、用途に合っているかという点がとても大切になってきます。

何より、フォーマルな場にはフォーマルのルールがありスタイルがあります。「主役は自分。ほかの人は他人の足元をあまり見ていないから、どんな靴でも大丈夫」ではいけません。独自のファッションで自分の個性をアピールするのではなく、動きやすさ、こぎれいさ、協調性など「コミュニケーション手段」だと心得て、足元コーデを考えるとよいと思います。

03.ストライプパンツスーツ ラズベリーベレット(RASPBERRY BERET)

フォーマルの足元コーデは、パンプスの素材・ディテール・デザインをチェック!

01.スエードパンプス ジェフリーキャンベル(Jeffrey Campbell)
スエードパンプス/ジェフリーキャンベル(Jeffrey Campbell)

フォーマルなシーンにおいて、ふさわしい素材はシルクやスムースレザー、エナメル、スエードとなります。ヘビ革やパイソン、クロコダイルなどのエキゾチックレザーは本来NGとされています。

ヒールは最低でも3㎝程度、可能ならば5~7㎝くらい高さがあるほうが、スーツやワンピースとのバランスが良くなります。またチャンキーヒール(太ヒール)はカジュアルテイストが色濃くなってしまうので、細ヒールを選んでいただくと、よりエレガントな雰囲気を演出できておすすめです。

そして、デザインは装飾がなく、無地でシンプルなものがいいでしょう。バックストラップやサンダル、オープントゥのタイプを避け、露出の少ない定番デザインのパンプスにすること。シューズの色は黒、紺、ベージュ推奨です。またタイツやストッキングは、原則、ナチュラルカラーを。全身黒ずくめにならないよう注意を払います。

04.シャンタンテーラーJK ラペルギャラリー

足元コーデの理想は、たおやかで洗練された知的エレガンス

場の空気を華やかに、かつ、和やかにする装いが目標です。自分の衣装がその場で浮くことなく、輪に溶け込むことができるためには、やはり足元にまで気を配ること。小物の威力、特に足元スタイリングの威力はあなどれません。

05.マッキントッシュ フィロソフィー(Lレッグウェア)(MACKINTOSH PHILOSOPHY)

たとえば、自分の足にぴったりサイズのあった美しいフォルムのパンプス。たおやかな印象を与えるラウンドトゥに、真っ直ぐ凛と伸びたヒール、艶のある黒のエナメル、といった具合に。そこに合わせるストッキングもきめ細かな透明感のあるタイプがおすすめです。しかし、靴に汚れや傷があり、当日ストッキングが伝線していたら、目も当てられません。前日にきちんと手入れをしておきましょう。

今回は、卒業・入学式、入社式にフォーカスした身だしなみの心がけを紹介しました。フォーマルなファッションは、葬式、結婚式、就活といった場でも適用されます。その場に応じたルールを守って、参加しましょう。

ルールやスタイルをきちんと知った上でふさわしい選択をすること。それは大人としてのマナーです。TPOをわきまえて、フォーマルシーンにマッチしたコーディネートを右脳(=感性)と左脳(=理論)で構築する楽しさを知っていただけたら幸いです。

 
ライター/青木 かおる
ファッション・美容・日本の伝統や芸術を学び、資格やディプロマを取得。現在はスタイリングカウンセラーとして活動。
0件の「いいね!」がありました。
  • velikokoラクチンきれいシューズ
  • ラクチンきれいパンプス開発ヒストリー