アシノコト
2016/06/04

結婚式にオススメ! パーティーシーンに最適な今っぽいストッキングの選び方

クリップ

6月のジューンブライド。結婚式が増える季節に着ていくドレス、シューズにも悩む時期です。特に地味ながら絶対に外せないストッキングはどんなものが良いのか、お悩みの方も多いと思います。そこで結婚式などパーティーシーンにオススメのストッキングをご紹介します。

ラメ入りは華やかさをプラスしてくれる

細かいラメ入りのストッキングはパーティースタイルの基本とも言える定番アイテム。

img01_ラメ入りは華やかさをプラスしてくれる1
ラメ柄ストッキング/17℃(17C)

ナチュラルな色味のストッキングでもラメいりにすれば華やかさが増します。さらに光沢感で脚が綺麗に見える効果も。

img02_ラメ入りは華やかさをプラスしてくれる2
FRANTICA ルーセントラメ ストッキング/福助(FUKUSKE)

ノーマルタイプのブラックではどうしても重たくなりすぎてしまいますが、ラメが入っていることで軽やかさをプラスできます。こちらは二次会などカジュアルな場面で着用してみてください。

足を細くみせたいならグレーやネイビーを

ブラックのストッキングは細見え効果大で愛用している人も多いはず。ですがフォーマルなパーティーシーンには喪服を連想させてしまうため、適していません。

img03_足を細くみせたいならグレーやネイビーを1
MACKINTOSH PHILOSOPHY コンプレッションアンドノンラン/マッキントッシュ フィロソフィー(Lレッグウェア)(MACKINTOSH PHILOSOPHY)

その代わりにグレーやネイビーのタイツを取り入れてみてください。ブラックよりも軽く見え、それでいて引き締め効果もあります。

img04_足を細くみせたいならグレーやネイビーを2

なるべくシアー(透け感あり)な薄手、さらにラメいりだと華やかさもプラスできます。

アクセサリー感覚で取り入れられるラインストーン入り

さらに最近ではラインストーンやパール、フラワー柄などワンポイントにデザインが入っているアクセサリータイプのストッキングも増えてきました。

img05_アクセサリー感覚で取り入れられるラインストーン入り1
f-ing Motesto 《蛯原友里》 フラワーブローチ ストッキング/福助(FUKUSKE)

スカートスタイルのドレスはどうしてもスカートと靴までの距離が長くなってしまいます。ワンポイントのデザインが入るだけで目線を散らしてくれるので足が細く見える効果も。お好みに合わせて選んでみるのも楽しいですよ。

ドレスやシューズはもちろんですが、ストッキングにまで気を使うと人と差をつけられるパーティースタイルになります。
末端にまで気を抜かず、オシャレなパーティースタイルを楽しんでみてくださいね。

ライター/森田 文菜
主にタレントや通販サイト等のスタイリスト。WEBマガジンのファッションコラムを中心としたライターとしても活動。
0件の「いいね!」がありました。
  • velikokoラクチンきれいシューズ
  • ラクチンきれいパンプス開発ヒストリー