アシノコト
2016/07/03

この夏抑えておきたいシューズはコレ! 暑い夏でも外に出かけたくなるコーデ

クリップ

暑い季節がとうとうやってきましたね! 暑いと外に出かけるのもついつい億劫になりがちに……。でも、そんな暑い日でも外に出かけたくなってしまう、そんなコーデを紹介いたします。

夏にピッタリ! 元気になるカラーとは?

好きなカラーは人それぞれであるように、『元気になるカラー』も人それぞれです。ただし、元気になるカラーとして、多くの方に共通しているカラーというものがあります。

それは『ビタミンカラー』です。ビタミンカラーとは、ビタミンが豊富な柑橘類に多いビビッドなカラーの総称です。その中でも代表的なカラーとして、『イチゴのような赤』、『ミカンのようなオレンジ色』、『グレープフルーツやレモンのような黄色』、『キウイフルーツのような黄緑色』などが挙げられます。

『食と色』、『味覚と色』の関係性はとても密接なので、疲れているときに活力を与えてくれるようなビタミンたっぷりのフルーツの『甘味』や『酸味』や『スッキリ感』をそのまま想起しやすいということで、ビタミンカラーを思い浮かべられる方が多いようです。

image01_元気になるカラーとは

そんなビタミンカラーのサンダルは、元気になれるカラーのサンダルと言うことができるのではないでしょうか? このサンダルはキラキラしたビジューもついているので、大人っぽく華やかな印象も同時に与えてくれます。

image02_元気になるカラーとは2
サンダル ピッティ(Pitti)

今年の夏、抑えておきたいおすすめシューズとは?

image03_抑えておきたいおすすめシューズ
レースアップサンダル イリマbyイーボル

レースアップサンダルは、今年の夏には、ぜひ抑えておきたいトレンドシューズのうちの1つです。
パンツにもスカートにも合わせやすく、歩いていてラクチンというのも嬉しい点ではないでしょうか? また、装いを変えなくても、合わせる小物を変えるだけでイメージをガラリと変化させることができるので、足元にプラスするだけでトレンド感を演出することができる優秀なアイテムでもあります。

夏にこんがり焼けた肌色になじむようなベージュ系はどんなカラーのアイテムとも合わせやすく、素足に近いヌケ感を出すことができますし、シルバーやゴールドなど、メタリック系のカラーは、カジュアルでナチュラルな装いの場合でも、足元に追加するだけで大人っぽく洗練された高級感のある印象を与えることができます。

レースアップサンダルであれば、カラーによって、異なる印象を演出できるので、『イロチ買い』オススメです。

暑い夏でも外出を楽しめるコーデとは?

image04_暑い夏でも外出を楽しめるコーデ1

「今年の夏、抑えておきたいおすすめシューズとは?」でご紹介したようなレースアップサンダルに合わせる装いとしては、今年トレンドの透け感のある花柄のホワイトレースなどのフェミニンなアイテムや、肩を出すオフショルダーなど鎖骨を見せるデザインは見た目もとても涼やかに見えて、オススメです。

また、鎖骨のみならず、手首や足首を出したスタイリングは、ヌケ感も出しやすく、それだけで爽やかな印象することができます。

その他、ワイドパンツも風をはらんで肌にもまとわりづらく、着ていても涼やかなので夏にはぴったりでしょう。一度穿くと病みつきになる方が多いアイテムでもあります。

image05_暑い夏でも外出を楽しめるコーデ2
花形ウェッジサンダル ジェフリーキャンベル(Jeffrey Campbell)

夏にはウェッジソールのサンダルもオススメです。
装いが無地な時こそ、思いきって今年トレンドの『フラワープリント』のデザインのものを取り入れてみてはいかがでしょうか?

ヒールがあるので全体のバランスがよく見えるだけでなく、歩いていても疲れにくいので、外出が億劫になる暑い夏でも、アクティブに楽しむことができるでしょう。

これからイベントが増える季節ですし、夏にぴったりなコーデを選んで、厚さに負けず、外出を楽しんでみてはいかがでしょうか?

 
 
監修/都外川 八恵
カラー専門のデザイン会社を経てフリーに。 色やスタイリングに特化したコンサルティングを強みとし、各種メディアからも取材実績多数。
URL:https://profile.ne.jp/pf/totokawa-yae/c/c-163847/
0件の「いいね!」がありました。
  • velikokoラクチンきれいシューズ
  • ラクチンきれいパンプス開発ヒストリー