アシノコト
2016/11/25

冬リバイバル!再びトレンド「ニーハイブーツ」のバランスコーデテクニック

クリップ

長く続いたショートブーツのトレンド。今年は定番として引き続き人気ですが、久々にトレンドとして注目されてきているのがロングタイプのブーツ。特に膝にかかるニーハイタイプのブーツがリバイバルブームの兆し。
そこで今年旬なデザインから、大人女子でも取り入れられるニーハイブーツまで、オススメのアイテムとコーディネート方法をご紹介します。

冬トレンドニーハイはこれ!

冬トレンドニーハイはこれ1

ニーハイブーツ/ローズバッド(ROSE BUD)

今年のニーハイブーツは細身のものがトレンドです。
丈は膝上~太ももの中間くらいまで。さらに素材はスウェードのような光沢のないものが良いでしょう。レザーなど光沢のある素材は一気にハードな印象になってしまうのでオススメできません。

ローヒールニーハイブーツ/セシルマクビー(CECIL McBEE)

ヒールはフラット、もしくは5センチくらいまでのもので太めのヒールのものを選びましょう。
細身といえども、脚のラインがもろにわかるようなスキニーなものは足に自信がない人は避けておいたほうが無難。
適度に足のラインを拾わないものを試着して確かめるようにしましょう。

大人が取り入れるならこんなニーハイ!

大人が取り入れるならこんなニーハイ1

GAIMO:ニーハイブーツ/カージュ(Khaju)

GAIMO:ニーハイブーツ/カージュ(Khaju) http://voi.0101.co.jp/voi/wsg/wrt-5_mcd-TO906_cpg-042_pno-69_ino-01_ocn-19.html

大人女子が取り入れるならある程度しっかりとした素材のものが良いでしょう。
目安としてはブーツ自体が自立するような硬さのもの。硬めの素材を選ぶことで脚のラインを拾いすぎず、美脚効果が高くなります。

大人が取り入れるならこんなニーハイ2

フェミニンキルトニーハイ ブーツ/エニィスィス(any SiS)

さらにベルト、バックル付きなどデザイン性があるものも大人に見えるのでオススメ。
派手すぎず、さりげないワンポイントデザインがあるものを選んでみてください。

最旬ニーハイコーデの鉄板バランスとは?

最旬ニーハイコーデの鉄板バランスとは1

Fスエードベルトロングブーツ/ナノ・ユニバース(レディース)(nano universe)

ニーハイブーツを使った今年のトレンドコーディネートの鉄則はブーツインしないこと。具体的にはフルレングスのパンツに合わせないことです。
必ずスカートやショートタイプのパンツなどに合わせましょう。

最旬ニーハイコーデの鉄板バランスとは2

理想はブーツとボトムスとの間に肌が若干見えること。タイツやストッキングを履いていても構いません。これが今年の黄金バランス。

最旬ニーハイコーデの鉄板バランスとは3

今年はラップタイプやキュロットタイプなど冬でも履けるショートボトムスもトレンドとなってきているのでそれらを合わせるとバランス良くコーディネートできます。
脚のラインを拾わないニーハイならそこまで露出を気にしなくても大丈夫です。

トレンドもさらに暖かさも手に入れることができるニーハイブーツ。今年らしいバランスを簡単に手に入れることができちゃいます。

この冬挑戦してみてはいかがでしょうか?

 
 
ライター/森田 文菜
主にタレントや通販サイト等のスタイリスト。WEBマガジンのファッションコラムを中心としたライターとしても活動。
0件の「いいね!」がありました。
  • velikokoラクチンきれいシューズ
  • ラクチンきれいパンプス開発ヒストリー