アシノコト
2017/02/28

冬は「スカートコーデ」が当たり! 防寒ブーツ別スカートコーデの作りかた

クリップ

「流行は小物で取り入れよう」なんて一時期いわれていましたが、おしゃれに流行を取り入れる方法といえば、パンツやスカートなどボトムで取り入れるのが◯!

パンツの幅やスカートの丈など、ボトムの形状でその年の流行がひと目で分かるため、難しいテクニックもいらず、誰でも簡単に旬のおしゃれを楽しめることができるのです。

冬のトレンドコーデといえば「スカート」を取り入れたコーディネート。足元にブーツを履くことが多くなる時期、丈が長めのスカートは防寒性をキープしたまま旬のおしゃれを楽しめるアイテムなのです。

これから着用率がぐんと上がる防寒仕様のブーツでできる、おしゃれなスカートコーデの作り方をご紹介します。

スカートコーデ1:フレアスカート×レースアップブーツ

ボアレースアップブーツ/コーエン(レディース)(coen)

温かみのあるボアがアクセントになった、防寒レースアップシューズは機能性だけでなくカラーも豊富で人気!

この防寒レースアップシューズを履きこなすなら、フレアスカートを合わせましょう。レースアップブーツの履き口ぎりぎりの丈、もしくはレースアップブーツとフレアスカートとの間にルーズなソックスをポイントに見せるくらいのバランスで着るのがベスト。 ソックスはスカートのカラーとの同色または同系色にすると、よりすっきりまとまります。

スカートコーデ2:リブニットスカート×スノーブーツ

防水ブーツ(ヌプシ LITE 2 SHORT)※ユニセックスモデル ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)

ころんと丸みのある形状が可愛くて、それでいて機能性も抜群なスノーブーツはもはや定番!

このスノーブーツを履きこなすなら、タイトなリブニットスカートがベストです。スカートの丈のベストな長さは、ブーツの長さぎりぎりの丈、もしくはレースアップシューズと同様に、スノーブーツとスカートとの間にほんの少し足が見え隠れするくらいがベストバランス。

スノーブーツの場合は、ソックスを履いてチラ見せすることはせず、ブーツやスカートと同色のタイツやストッキングをさらっと履くだけがおすすめです。

スカートコーデ3:タイトスカート×ムートンブーツ

ミドル丈防水ブーツ(Paterson Lo)/ エミュー(emu)

その暖かさから真冬は欠かせないムートンブーツ。おすすめの履きこなしかたは、ミドル丈のタイトスカートとのコーディネート。

あえて明るめカラーのショート丈もしくはミドル丈のムートンブーツを選び、同じく明るめカラーのロング丈のアウターを着ると、旬のコーディネートが楽しめます。

スカートコーデ4:プリーツスカート×ファー付きブーツのベストバランス

ブーツ(ファー使いショートブーツ)/グランドフルール(grandfleur)

“ファー”使いが特徴のブーツも真冬の定番。おすすめは、ショート丈のファー付きブーツと、プリーツスカートとのコーディネート。 ファー付ブーツとスカートの裾の間が、ほんの少し見えるくらいの丈がベストバランス。 特に、プリーツ幅が細かいアコーディオンプリーツスカートとの合わせがおすすめです。

ファー付ブーツならではのエレガントなイメージが、プリーツスカート独特のトラッド性を崩してくれて、今までにないコーディネートを楽しめますよ。

靴も洋服も単品で見ればおしゃれなのに、防寒を優先しすぎると決してオシャレに見えないコーディネートになってしまうのを防ぐには、ボトムと靴のバランスに気を付けるだけ。 ぜひトレンドのスカートを味方に、暖かくておしゃれな防寒ブーツの着こなしをしてみてくださいね。

 
 
ライター/高田空人衣
スタイリストとして培った知識を活かし、数々の媒体にて着こなし、スタイリング提案、ファッショントレンドの解説をトーク、ライティング両方で表現することを得意とする。 女性向けコンテンツを扱うことを得意とし、コピー、ブランディング、PRを多く手掛ける、業界唯一のエグゼクティブビューティーライターでもある。
0件の「いいね!」がありました。
  • velikokoラクチンきれいシューズ
  • ラクチンきれいパンプス開発ヒストリー