アシノコト
2015/10/23

これで解決!ブーツのサイズ選びとお悩み別フィッティング

クリップ

こんにちは♪シューズLABOスタッフのあやのです。朝夕冷え込む日も増えて、ブーツの出番が増えてきた今日この頃です。みなさんはもうブーツ履いていますか? 8月に実施したブーツのアンケートで、「ブーツを選ぶ上での悩み」を聞いてみたところ、以下の結果になりました。

1位 脱ぎ履きがしにくい

2位 靴の中が蒸れる

3位 サイズが合わない(つま先・幅・甲)

4位 サイズが合わない(ふくらはぎ周り)

5位 むくむとファスナーが上がらなくなる

どれもブーツならではのお悩みですね。そこで今回はお悩み3位、4位に2つランクインした、サイズのお悩み解消法をご紹介いたします。

サイズ選びの3つのポイント

そもそもブーツのサイズ選びって?ブーツのサイズ選びは大きく3つのポイントがあります。

①つま先に指1本分のゆとりがあるか

足をブーツのかかとにしっかりとつけた状態で、つま先部分に指1本分のゆとりがあることを確認しましょう。

1-つま先に指1本分のゆとりがあるか

②甲や幅がフィットしているか

甲や幅の部分のフィット感をチェック。かるく手で触ったときに適度な張りを感じるくらいがオススメです。

2-ブーツと甲や幅がフィットしているか

③筒周りに違和感がないか

丈の長いブーツの場合は、歩いたり、しゃがんだりした時に履き口が足に当たったりして違和感が無いかどうかも確認しましょう。

3-ブーツの筒周りに違和感がないか

靴下の厚み等によってサイズ感が変わるので、ブーツを試着する際は、ブーツを履く時に合わせるタイツや靴下で試着をするようにしましょう。

靴のサイズが大きいときは?

ブーツのサイズが大きくて、中で足が動いてしまう場合は、中敷で調整しましょう。全体的にゆるい場合は、足の裏全体カバーする全敷タイプの中敷を入れましょう。特に、土踏まずにクッションの入っているタイプを選ぶと、甲の部分がよりフィットしますよ。

4-【女性用・ブーツ用】アーチフィッターインソール ブーツ用_AKAISHI
【女性用・ブーツ用】アーチフィッターインソール ブーツ用/AKAISHI

全敷きのタイプを入れると、つま先部分がきつくなる…という方は、かかとのみに厚みのある半分タイプの中敷を入れてみましょう。かかとを上げることで甲部分が持ち上がり、フィット感が増します。足長効果も期待できて一石二鳥♪

5-【女性用・脚長見え&美脚見え】スタイルアップオールシーズン(ハーフ)2cm_is-fit
【女性用・脚長見え&美脚見え】スタイルアップオールシーズン(ハーフ)2cm/is-fit

靴の横幅がきつく感じたら?

幅がきつい場合は、土踏まずのアーチをサポートする中敷きを入れてみましょう。 えっ!キツいのに中敷きを入れるの!?と思われるかもしれませんが、土踏まずのアーチを持ち上げることで、足の幅の位置が少し内側になり、痛みが緩和されることがあります。こちらは、薄型タイプなので、ぴったりサイズのパンプスにもオススメ。

6-【女性用・足裏の痛み用薄型】アーチフィッターインソール 超うす型(AKAISHI)
【女性用・足裏の痛み用/薄型】アーチフィッターインソール 超うす型/AKAISHI

それでも幅が痛くて我慢できない!という方は、靴の修理屋などで幅伸ばしをお願いしてみるのもオススメです。ファスナーが下までついているタイプのブーツであれば、約1,000円~くらいで幅を伸ばしてくれます。ただし、ブーツの形状にもよるので、一度近くの修理屋さんに相談してみると良いでしょう。

ふくらはぎ周りがきついときは?

ロングブーツなどに特に多いお悩みですよね。ロングブーツの場合、筒周りに指が1本入るくらいのゆとりがあるのがベストですが、本革であれば、筒周りも馴染んでくるので、試着時に上までファスナーが上がれば問題はないでしょう。

でも、筒周りのパツパツ感が気になる…むくんでくるとキツくなって歩きにくい…という人もいらっしゃいますよね。実は、ブーツの筒周りも専用の機械で伸ばすことができるんです。こちらも幅伸ばし同様、靴の修理屋さんにお願いすれば、約1,500円~くらいで伸ばしてくれます。お気に入りのブーツはなるべく長く快適に履きたいですよね。良かったら参考にしてくださいね。

 
ライター/シューズラボスタッフ
マルイ靴売場での経験を活かし、お客さまからお問い合わせいただいて勉強したことや、日々実践していることを中心に記事を作成。靴が大好き。
この記事のタグ
3人のメンバーがいいね!と言ってます
  • velikokoラクチンきれいシューズ
  • ラクチンきれいパンプス開発ヒストリー