アシノコト
2016/03/02

下半身太りやむくみは“浮き指”が原因だった!? 原因と対策法をチェック

クリップ

現代人に増えている“浮き指”という症状を知っていますか? 浮き指とは、立っているときや歩行時に、足指が浮いていて地面についていない状態のこと。足の異常の一種ですが、外反母趾のような痛みはないため、気づかずに放置している人が多いそうです。

皮膚科医の高山かおるさんによると、浮き指を放っておくと、体のゆがみなどさまざまな全身トラブルに発展するそうなので、注意が必要とか。気になるその原因と、今日からできる対策法をご紹介します。

浮き指の原因と体への影響は?

高山医師によると、浮き指になる原因は大きく、日常生活で足の指を使う機会が減っていること、脱げやすいパンプスやサイズの合わない靴を履いていること、正しい歩き方ができていないことの3つが挙げられるのだそうです。

また、浮き指は、体のゆがみや姿勢の悪さにつながりやすいため、健康面に次のような悪影響を及ぼします。

  • 股関節の動きが悪くなる、足首が固くなる。
  • 巻き爪、魚の目・タコなど、爪や足のトラブルが増える。
  • 下半身がむくみやすくなる。
  • 代謝が落ち、下半身太りしやすくなり、体型が崩れる。
  • 膝痛、腰痛など、関節の病気になりやすい。
  • 骨盤底筋がゆるむことにより、将来的には尿もれなどになりやすい。

こうしたトラブルにつながらないように、浮き指を早めに予防・改善することが大切です。

浮き指の症状は出ていない!? まずはセルフチェックを

次の項目に当てはまる人は浮き指の可能性があるので、注意が必要です。

  • 足の指でグーの形が作れない。
  • 足裏の指の付け根が厚くなり、固くなっている。
  • 親指の裏側にタコができている。
  • 5本の指が反っている、または丸まっている。

「足のつま先をギュッと丸めて、足指の付け根に骨の突起が浮き出るかどうかを手で触って確かめてください。骨のゴツゴツがあれば、指がしっかり使えている証拠と見ることができますから、浮き指にはなりにくいでしょう」(高山医師)

01.足のつま先をギュッと丸めて、足指の付け根に骨の突起が浮き出るかどうかを手で触って確かめてください

浮き指を予防・改善する3つの習慣

浮き指を予防、改善するためには、生活習慣や歩き方のクセを見直すことが大切です。その有効な方法は次のとおりです。

1 あおり歩行を心掛ける

あおり歩行とは、最も体に負担がかからない歩き方です。まずはかかとから着地をして、小指の付け根へと重心を移動。指で地面をつかむようにしながら、最後は親指へ重心が移るように歩行します。足の指で地面をしっかり踏み込むように意識して歩きましょう。

2 足指の付け根の関節をほぐす

5本指の靴下を履き、指同士がくっつかない状態にします。そのまま、足の指を丸めてグー、次に足の指を広げてパーを作り、これを10回ほど繰り返します。

「このストレッチは、毎日の習慣にするといいでしょう。そのほか、足首回しやつま先立ち歩きなども、浮き足予防に有効です」(高山医師)

3 靴はTPOに合わせて選ぶ

自分に合ったサイズの靴を履くことがなにより大切です。また、指先が窮屈な靴やかかとの合わない靴、脱げやすい靴を履き続けると、指を曲げて歩くようになったり、靴を引きずるような歩き方をしやすくなったりして、浮き指の状態を悪化させます。とはいえ、おしゃれな靴も履きたいのが女子というもの。靴はTPOに合わせて選び、履き分けることで足や指への負担を軽くしましょう。

「通勤・通学時には、正しい歩行ができるように、足の甲がしっかり固定されていて、かかとが脱げない靴を選びましょう。仕事などで必要なときに、おしゃれなパンプスやミュールに履き替えるなどの心掛けがあるといいですね」(高山医師)

全身の健康を守り、スタイルをキープするためにも、日頃から浮き指予防を心掛けましょう。

 
監修/高山 かおる
一般社団法人足育研究会代表。専門は、接触性皮膚炎、フットケア、美容。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医。
URL:http://www.sokuiku.jp/
ライター/及川夕子
メノポーズカウンセラーや健康食品コーディネーターの資格を生かし、美容・健康・医療分野を中心に、新聞、雑誌、WEBメディアなどで、コラムや連載記事の取材・執筆を行っている。書籍の企画や編集、執筆も手掛ける。
1人のメンバーがいいね!と言ってます
1件の「いいね!」がありました。
  • velikokoラクチンきれいシューズ
  • ラクチンきれいパンプス開発ヒストリー