アシノコト
2016/03/06

冷え性の女性は要注意! 春先にも多い“足しもやけ”対処法

クリップ

春先は、暖かい日もあれば、朝晩冷え込む日もあり気温差が激しい時季です。そんな季節に、「暖かい場所に行くと足がムズムズする」「足の指が赤くなって痛がゆい」といった症状があるなら、“足しもやけ”かもしれません。足がかゆいために「もしかして水虫?」と思い込み、間違ったケアをしてしまうこともある、足しもやけ。そこで、春先に起こりやすい足しもやけの見分け方、予防法、効果的なセルフケアについて、ご紹介しましょう。

春先の足しもやけ、その意外な原因とは?

しもやけというと、寒冷地で発症すると思われがちですが、そうとは限りません。皮膚科医の高山かおるさんによると、暖房設備が整っている現代では、室内と屋外の温度差が大きいことも、足しもやけの原因になります。しかも、大人の場合は、男性よりも体が冷えやすい女性がかかりやすいといわれています。

「足しもやけの根本原因は、血行不良です。気温が低くなると血管の動脈、静脈は収縮します。動脈は比較的太い血管のため流れが悪くなることはあまりないですが、静脈はいったん収縮すると戻りにくく血液循環が滞りやすいという性質があります。その結果、毛細血管がうっ血し、足指など末端にむくみや腫れ、かゆみが起こるのです。」(高山医師)

春先の足しもやけは、特に次のようなときに起こりやすくなります。

  • 昼と夜の気温差が10℃以上ある日。
  • 雨や雪の日に足が濡れ、冷えたまま放置する。
  • 足に汗をかいたまま靴を履き続けて冷える。
  • 冷え性の体質である。
  • 寒い日に、パンプスなどの指先を締めつける靴を履く。
  • ストッキングなどで長時間指先を締めつける。

浅黒く腫れて痛がゆい。それは水虫ではなく“足しもやけ”

では、水虫と足しもやけはどのように見分けるのでしょうか。足がかゆいと水虫と勘違いしがちですが、特徴を知ればどちらか判断できるそうです。

「足しもやけは“痛がゆい”のが特徴。気温が暖かいとかゆみが増します。また、赤黒く腫れていて、さわると冷たい場合は、足しもやけと考えていいでしょう」(高山医師)

足しもやけの予防は、足指の血流をよくすることや寒暖差を生じさせないような工夫をすることが大切です。次を参考にして実践してください。

  • 外では靴に入れるカイロなどで足を温める。
  • 雨の日には、足指が濡れないようにレインシューズを履く。
  • 足先が冷えた場合は、ゆっくりと温める。
  • 足指が自由に動く靴を選ぶ。

「底が厚い靴を選ぶと足が冷えにくくなります。保温性の高い素材の中敷きや、靴下などを活用するのもいいでしょう。天然素材のものを選ぶと、外では暖かく、室内では靴の中の蒸れを発散してくれます」(高山医師)

足しもやけになってしまったら、ビタミンEでケアを

足しもやけは血行不良によって起こります。下半身が冷えやすく、パンプスなどを履く機会の多い女性は、男性に比べて足しもやけになりやすいといえます。まずは、足しもやけの原因となる血行不良や冷えを改善していきましょう。

「血流を促すのに、効果的なのがビタミンEです。軽い症状なら、フットマッサージとサプリメントの摂取で、よくなるでしょう」(高山医師)

「足しもやけかな」と思ったら、次の方法を試してみてください。

1 ビタミンE配合の軟膏やクリームでフットマッサージをする

クリームを足指にたっぷりと塗り、付け根から1本ずつクルクルと円を描くようにマッサージをします。すると足先の血行が改善され、冷えも緩和されます。爪のまわりにもしっかりクリームを塗り込みましょう。

0102.足しもやけになってしまったらビタミンEでケアを

2 ビタミンEの入った食材、サプリメントを摂る

ビタミンEには毛細血管を広げて、血行をよくする働きがあります。ビタミンEを多く含む、アーモンドなどのナッツ類やオリーブオイルを積極的に摂ることを心掛けましょう。また、サプリメントによる補給もいいでしょう。

3 足の血行を促す運動を行う

足指をグーの形にして10秒間ギュッと縮めたあと、パッと緩める運動や、夜就寝前にあおむけの状態で足を上に上げ、ブラブラと20回ほど振る運動を行いましょう。血行改善におすすめです。

症状がツラい場合は、無理をせずに医療機関を受診するようにしましょう。病院では、飲み薬や漢方薬、塗り薬での治療が行われます。

 
 
監修/高山 かおる
一般社団法人足育研究会代表。専門は、接触性皮膚炎、フットケア、美容。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医。
URL:http://www.sokuiku.jp/
ライター/及川夕子
メノポーズカウンセラーや健康食品コーディネーターの資格を生かし、美容・健康・医療分野を中心に、新聞、雑誌、WEBメディアなどで、コラムや連載記事の取材・執筆を行っている。書籍の企画や編集、執筆も手掛ける。
0件の「いいね!」がありました。
  • velikokoラクチンきれいシューズ
  • ラクチンきれいパンプス開発ヒストリー