アシノコト
2016/05/29

あなたは大丈夫? 水虫や足のニオイの原因になる”足の多汗症”

クリップ

友達の家に遊びに行ったときに、靴を脱いだら足の裏が汗でビッショリ……もしそんな状況になったら、そのまま家に上がるのは恥ずかしいものです。

実は近年、そんな“足の多汗症”に悩む女性が増えていると言われています。どのように対処したらいいのか、「足のクリニック」院長、桑原靖さんにお話をうかがってみましょう。

ストレスがきっかけで大量に汗をかく“足の多汗症” “

足の多汗症”は「足蹠(そくせき)多汗症」と呼ばれています。通常発汗は、自律神経のうちの交感神経が働くことで促されますが、足蹠多汗症の人の場合、交感神経が過敏になっているために、突然、汗が異常に出てしまうと言います。

「足蹠多汗症の人は、ストレスが引き金となって、一気に大量に発汗してしまいます。近年増えている症状ではありますが、なぜこうした症状が起こるのか、どういう人がなりやすいのかなどはわかっていません」(桑原さん)

遺伝的要素や生活習慣的要素とは関係なく発症する、足蹠多汗症。では、クリニックではどのような治療が行われているのでしょうか。

「外科手術的な方法だと、交感神経を切る手術がありますが、自律神経には体温調節や代謝といった生体機能を維持するための重要な役割があるため、そこにメスを入れることはリスクも高く、あまりおすすめできません」(桑原さん)

足蹠多汗症は、セルフケアで対処すれば十分だと、桑原さんは話します。では、どのようなセルフケアが効果的なのでしょうか。

ニオイ・水虫・汗ジミに対処するためのセルフケア法

足蹠多汗症によって生じる悩みは、主に次の3つです。

  1. 足のにおいが強くなる
  2. 水虫になりやすくなる
  3. 裸足で床を歩くと汗ジミがべっとりついてしまう

1 と 2 については、殺菌作用と抗カビ作用に優れたボディソープで毎日足裏を洗うのがおすすめだと言います。

「市販されている『コラージュフルフル』というリキッドソープには、カビの増殖を抑える『ミコナゾール硝酸塩』という成分が配合されています。このソープで足をよく洗い、泡をつけたまま30秒ほど置いてから洗い流すと、ニオイはもちろん、水虫対策としても効果が期待できます。特に水虫は、使い続けて約1カ月で効果が実感できるでしょう」(桑原さん)

3 については、外出時は素足やストッキングではなく、銀繊維や銅繊維が織り込まれた綿の靴下を履くといいそうです。

「汗をしっかり吸湿する綿素材に、高い抗菌効果がある銀繊維や銅繊維が織り込まれた靴下があります。パンプス用の靴下(フットカバー)にも銀繊維や銅繊維が織り込まれたものが多く市販されていますので、靴と上手に合わせれば、足元のおしゃれも楽しめます」(桑原さん)

足裏の制汗におすすめ!“ミョウバン水”の作り方

さらに桑原さんによれば、3 については、“ミョウバン水”を使って制汗することも有効な方法だと言います。ミョウバンとは、古くから染色剤や防水剤などに用いられていた物質で、現在は食品添加物としても使用されているもの。スーパーや薬局でも手軽に入手することができます。

「ミョウバンには収れん作用もあるので、ミョウバン水を作って足にスプレーすれば制汗効果が期待できます」(桑原さん)

そのミョウバン水の作り方は、次の通り。

  1. 500mlのスプレー容器に、ミョウバン20gと水道水500mlを入れます。
  2. フタをして一晩常温で置きます。
  3. 翌日、ミョウバンが完全に溶けているのが確認できたら、できあがり。冷蔵庫に保管しましょう。

ミョウバン水は、朝の外出前に1回スプレーするほか、1日に計2~3回スプレーするといいでしょう。2~3週間で使い切るようにしてください。

足蹠多汗症に限らず、これからの季節は足裏の汗やムレが気になるものです。素足になる場面も多いでしょう。汗とニオイ、水虫対策として、セルフケアを取り入れてみてください。

 
 
監修/桑原 靖
日本初の足の痛み・変形に特化したクリニック、「足のクリニック」院長。2016年5月11日に著書『放っておくと怖い「足の痛みと不調」を治す本』(宝島社)を発売。
URL:http://ashi-clinic.jp/
ライター/大坪智子
ライター、編集者。編集プロダクション・コランヴァ代表。美容、健康、ライフスタイルなどの記事を数多く制作している。
0件の「いいね!」がありました。
  • velikokoラクチンきれいシューズ
  • ラクチンきれいパンプス開発ヒストリー