アシノコト
2016/05/31

モヤモヤやイライラをやわらげるフットケア“足もみ”で、メンタルも元気に!

クリップ

新年度がスタートしてしばらくたったこの時期になると、新しい仕事や人間関係に苦労して、モヤモヤ、イライラとストレスを感じることが増えるものです。

そうしたストレスを抱えたままでいると、体調が悪くなりやすく、仕事や人付き合いがうまくいかなくなってますますストレスが増える……といったことにもなりかねません。
明るくポジティブな心でこの季節を乗り切るためにも、毎日簡単に実践できる“足もみ”で、ストレスケアを始めてみませんか?

“足もみ”はストレスの緩和にも効果的

「ストレスケアに“足もみ”が効くの?」と、疑問を感じる人もいるかもしれません。しかし、心と体の状態は密接にリンクしていることがわかっており、心の問題は体に、体の問題は心に影響し合うと言われています。

「人間はストレスを感じると、自律神経のうちの交感神経の働きが強くなりすぎてしまい、筋肉を緊張させたり、血管を収縮させたりしてしまいます。すると全身の血行が悪くなり、さまざまな不調となって表れやすくなるのです。そんなとき、血行を促進する足ツボや反射区を刺激すると、筋肉の緊張や血管の収縮がやわらぎ、ストレスも軽減されると考えられます。」

足もみフットケアに関する本をたくさん執筆している田辺智美さんは、こう話します。

特に足裏には、全身の血行促進に効果的と言われる足ツボや反射区が数多くあるため、足もみはストレスケアにも有効だと言えるでしょう。

毎日実践すればストレスを受けにくくなる!基本の“足もみ”メニュー

ではさっそく田辺さんに、ストレスケアにおすすめの“足もみ”を教えてもらいましょう。まずは、毎日10分実践することでストレスがやわらぎ、ストレスを受けにくくなる基本のメニューを紹介します。

image01_毎日実践すればストレスを受けにくくなる1
  1. 人差し指を曲げ、突起している第二関節部分でAの場所を3秒間、イタ気持ちいいと思うところまで強く押します。続いて第二関節部分で、Bのラインに沿って矢印の方向に老廃物をかき出すようにさすります。そして、Cの場所を第二関節部分で3秒間、イタ気持ちいいと思うところまで強く押します。以上を2~3回繰り返しましょう。
    image02_毎日実践すればストレスを受けにくくなる2
  2. 親指の腹で、丸で囲った場所を矢印の方向にさすります。2~3回繰り返しましょう。
    image03_毎日実践すればストレスを受けにくくなる3
  3. 人差し指を曲げ、突起している第二関節部分でかかとを3秒間、強く押します。押す場所を少しずつずらしながら、かかと全体をまんべんなく刺激しましょう。
    image04_毎日実践すればストレスを受けにくくなる4
  4. ふくらはぎの下部を手でつまみ、老廃物をつぶすように強くもみます。もむ場所を少しずつ上にずらしながら、第2の心臓であるふくらはぎの、ポンプ作用の働きを高めます。
    image05_毎日実践すればストレスを受けにくくなる5
  5. ふくらはぎとかかとを床につけて座り、かかとと膝が床から離れないようにしながら足首をゆっくりとしっかり回します。右回り→左回りを1セットに、5セット行いましょう

以上を左右の足で5分ずつ、計10分行ってください。この“足もみ”メニューを毎日行うことで、全身の血行が促進され、1カ月後には体質の改善も実感できるはずです。

特に強いストレスを感じたときに実践したい“足もみ”メニュー

基本のメニューを行うだけでも、ストレスケアは十分期待できます。しかし、特に強いストレスを感じているときや、モヤモヤ、イライラした感情をすばやく切り替えたいときは、次の“足もみ”メニューをプラスするとより効果的。あわせて取り入れてください。

image06_毎日実践すればストレスを受けにくくなる6
  1. ストレスと密接な関連を持つ臓器である副腎の反射区を刺激しましょう。人差し指を曲げ、突起している第二関節部分で、〇のついた部分を3秒間、強く押します。
    image07_毎日実践すればストレスを受けにくくなる7
  2. 親指の付け根にあり、不安感の改善に効果があると言われる「隠白(いんぱく)」というツボを刺激します。親指の腹で印のついた部分を3秒間、強く押します。
    image08_毎日実践すればストレスを受けにくくなる8
  3. 肝臓のツボであり、怒りを抑える効果があると言われる「太衝(たいしょう)」というツボを刺激します。親指の腹で印のついた部分を3秒間、強く押します。
    image09_毎日実践すればストレスを受けにくくなる9
  4. 気持ちを落ち着かせる効果があると言われる「行間(こうかん)」というツボを刺激します。足の親指と人差し指の間からやや親指側にある骨を、親指の腹で3秒間、強く押します。以上の1~4を、左右同様に行います。

足のツボや反射区は、外出時でも靴を脱いでサッと押すことができるので、仕事中に机の下で行うのもおすすめです。上司に怒られてイライラしたときや、後輩がミスをしてついカチンときそうになったときなどに、これらのツボを押すと感情を上手にコントロールできるでしょう。ぜひ実践してみてください。

監修/田辺 智美
(社)足健道JP協会代表理事。足健道さと足ツボ療術院院長。著書は『「足もみ」で心も体も超健康になる!』(三笠書房)ほか。
URL:http://sokukendou.jp/
ライター/大坪智子
ライター、編集者。編集プロダクション・コランヴァ代表。美容、健康、ライフスタイルなどの記事を数多く制作している。
この記事のタグ
0件の「いいね!」がありました。
  • velikokoラクチンきれいシューズ
  • ラクチンきれいパンプス開発ヒストリー