アシノコト
2016/07/04

素足のシーンで彼を幻滅させないための足のニオイ緊急対策法

クリップ

夏になると足裏に汗をかきやすくなり、靴の中が不快に感じることが多いです。さらに時間が経つと、足の臭いが気になってくることもありますよね。そんな時に、デートシーンなどで靴を脱ぐと、「もしかして、臭いに気づかれている!?」と不安になり、折角の時間を楽しめない……なんてことも。

そこで、今回は皮膚科医の高山かおる医師に教えていただいた、外出先やデート中にもサッとできる「足の臭いの緊急対策法」をご紹介いたします!ここは、足元のオシャレを台無しにしないためにも、しっかり学んでおきたいところ。

夏になると足のニオイが気になる原因

image01_夏になると足のニオイが気になる原因

夏は可愛いヒールやサンダル、パンプスを素足で履くことが、オシャレの楽しみのひとつですよね。しかし、暑さで足裏に汗をかくと、最初は気にならなかったのに、徐々に悪臭を感じることがあります。これには臭いのメカニズムがあると高山医師は言います。

「夏は気候や気温などの要因で、他の季節よりも大量の汗をかいています。この時、皮膚の表面についた皮表細菌が、大量の汗により分解されることで悪臭が出ます。夏は細菌も汗も増えることが多いため、臭いが気になるのです。」(高山医師)

そして、足元が臭う根本的な原因は、「雑菌の繁殖」にあるとのこと。例えば、パンプスの中は通気性も悪く、雑菌が繁殖しやすい環境になりがちです。そこに、さらに汗や皮脂、もともと皮膚についていた汚れが加わり雑菌によって分解されることで、臭いを発生させているのです。

季節関係なく、足裏に汗をかきやすい人は…?

image02_足裏に汗をかきやすい人は

夏に足元が臭うことは、一言でいうと「不衛生」が原因でした。しかし、中には季節に関係なく足裏に汗をかきやすい人もいます。そのため、年中足元の不快感が気になってしまうことも多いはず……。このことについて高山医師に伺ったところ、次のような原因があるとのこと。

「多汗症といって汗をかきやすい病気の方がいます。原因はまだよく分かっていません。緊張するとたくさん汗が出るという方もいます。そういった場合は、制汗剤をふくむローションやクリームを塗ることをお勧めしています。生活に支障がある場合には、多汗症をみてくれる病院で受診しましょう。」(高山医師)

つまり、体質的に汗をかきやすい人も、日中の小まめなケアが欠かせないということですね。それでは、いったいどのような対策と予防法があるのでしょうか。

デート中でもサッとできる!ニオイ緊急対策法と予防法

image03_ニオイ緊急対策法と予防法

高山医師によると、デート中や仕事中に気になる足元のニオイは、ボディーシートなどで拭くのが最も効果的なのだとか。最近では、ドラッグストアなどでも足裏用のシートが売られています。足の臭いが気になったときにトイレなどでサッと拭くことで、臭いの原因である汗と雑菌を一緒に排除することができるのです。

「常に足元を清潔に保つこと」が臭わないためのポイント。忙しい女子には嬉しいとてもお手軽な方法ですね! 

足の臭いを予防するには「お風呂でしっかり洗うことで、皮脂や雑菌を洗い流す」、「化粧水やクリームで保湿する」、「毎日、同じ靴を履かないことで雑菌の繁殖を防ぐ」この3つが大切だと高山医師は言います。

中でも、保湿することで足裏の肌自体の「バリア機能」を高めることが重要なのだとか。ここは見落としがちな部分なので、ぜひ、実践してみてくださいね。

夏は海やプールなどで素足になるシーンが多いので、小まめなケアは必須になりそうです。毎日、素足の臭い対策と予防を行い、足の臭いを気にせず、夏を思いっきり楽しみましょう!

監修/高山 かおる
一般社団法人足育研究会代表。専門は、接触性皮膚炎、フットケア、美容。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医。
URL:http://www.sokuiku.jp/
0件の「いいね!」がありました。
  • velikokoラクチンきれいシューズ
  • ラクチンきれいパンプス開発ヒストリー