アシノコト
2016/07/27

代謝促進作用で美脚効果絶大!夏におすすめのバスタイムケア

クリップ

夏はシャワーだけで済ませる人も多いですが、きちんと入浴をした方が、高い美脚効果が期待できることを知っていましたか?

そこで今回は、ボディセラピストの武田未来さんに、バスタイムでなければできない美脚ケア方法を教えて頂きました! 夏にぴったりの足やせ法なので、みなさんもぜひ、参考にしてくださいね。

代謝アップのポイントは「ふくらはぎ」にあり!

img01_代謝アップのポイントはふくらはぎにあり

仕事やプライベートで忙しいと、運動する時間がなかなか取れず、基礎代謝も悪くなりがちですよね。武田さんによると、代謝を上げるためには“ふくらはぎ”のマッサージが効果的なのだとか。

 「ふくらはぎは代謝アップのカギです。第2の心臓と呼ばれているほど重要な場所で、下半身にたまった血液を上半身にある心臓まで送り返す役割を担っています。そのため、ふくらはぎの筋肉をマッサージでほぐすことで、全身の血液循環をスムーズにして、代謝を上げることができるのです。」(武田さん)

つまり、ふくらはぎをマッサージするだけで代謝が上がり、美脚効果が期待できるだけでなく、全身の健康も整えることができるのです。また、ふくらはぎは温めることで、マッサージだけでは届かない奥深くの血流まで良くなります。とくに冷え性の方は、お風呂に入りながら、ふくらはぎをマッサージするといいですよ。

夏にぴったりの美脚バスタイムケアとは!? 方法と注意点

img03_夏にぴったりの美脚バスタイムケアとは

バスタイムにふくらはぎをマッサージすると、高い美脚効果が得られることが分かりました。では、具体的にどのように行えば良いのでしょうか。武田さんにアドバイスをいただきました。

「お風呂での美脚マッサージ方法は、バスタブに40℃くらいのお湯を張り、3~5分間だけ全身浸かります。この時に、ふくらはぎのリンパに沿ってマッサージすると全身の血行が良くなり、代謝がアップします。しかし、すぐにのぼせてしまうので、時間を忘れないようにしましょう。」(武田さん)

よく半身浴を行っている方が多いですが、全身浴の方が湯上り時にカラダが冷えにくいのだとか。さらに、全身浴はカラダに適度な水圧がかかるため、心肺機能が高まり血行が良くなるという効果もあります。

~お風呂でオススメ! ふくらはぎのリンパマッサージ~

  1. ふくらはぎを両手で包み込み、膝裏までさすり上げます
  2. ふくらはぎの裏の筋肉を強めに、手の平を使って下から上へとマッサージします
  3. 1と2を気持ちいいと感じる程度に、交互に行いましょう

 

img04_ふくらはぎのリンパマッサージ

お風呂でふくらはぎをマッサージする場合は、手の平を使って優しく丁寧にマッサージすることがポイント。
また、マッサージを行っていると、途中で痛みを感じることもあります。その場合は無理をせずにふくらはぎを温めるだけでもいいそうです。とにかく自分の「気持ちいい」と感じる感覚を大切にしましょう。

夏にぴったりの精油を加えて、アロマバスに!

img05_夏にぴったりの精油を加えてアロマバスに

お風呂に入る時は入浴剤もいいですが、「脂肪燃焼効果」のあるアロマオイルを入れることも美脚効果を狙うには最適なのだとか。

「夏は脂肪燃焼効果やデトックス効果のある、グレープフルーツやレモンなどの精油がオススメです。3~5滴お風呂に加えましょう。」(武田さん)

お風呂の温かさとアロマオイルの香りが、カラダを優しく包み込んでくれます。忙しい毎日を過ごしていると、心が荒んでくることもありますよね……そんな時に、アロマバスに入ってふくらはぎをマッサージすると、足やせだけでなく、リラックス効果も期待できそうです。

爽やかな香りの精油を入れた3~5分程度のバスタイムであれば、暑い夏でも気軽にマッサージを行えますよね。全身の代謝を上げることができる、とっておきの美脚ケア方法なので、ぜひ試してみてくださいね!

 
 
監修/武田 未来
オーダーメイドもみほぐしサロン「&HAND(アンドハンド)」代表。疲労や悩みをヒアリングしたうえでアプローチする施術を行う。
URL:http://andhand.jp/
0件の「いいね!」がありました。
  • velikokoラクチンきれいシューズ
  • ラクチンきれいパンプス開発ヒストリー