アシノコト
2017/10/24

朝起きて立ち上がった時、突然足が痛む…それって「足底筋膜炎」が原因かも!?

クリップ

朝目覚めて、突然、足に痛みが走った経験はありませんか? 

これは「足底筋膜炎」を発症している可能性があるのだとか。
運動不足などが原因の一つで、誰もがかかる可能性のある病気だそうです。

その原因と正しい解決方法について、一般社団法人足育研究会代表 高山かおる先生に教えていただきました! 

足底筋膜炎になると、どんな症状がでるの? 原因って?

足がなんとなく痛む時があるという人は、必見! 
足底筋膜炎の症状と原因を教えていただきました。

「足底筋膜炎の症状は、朝、起きる時や、急に立ち上がった時にかかとの裏側や、足の裏全体が痛くなります。これは、足の使い方に問題がある場合が多いです。 

足底(足裏)の筋肉・筋膜は、伸びたり、縮んだりして、歩行を助ける働きがあります。
 

例えば、普段からかかとに重心がかたよっていると 、指が浮いた状態になってきます。
すると、足底の筋肉・筋膜にずっと負担がかかってしまうことが原因で、 かかとから尖った骨みたいなものがでてきて痛みが生じるのです」(高山先生)

この足底筋膜炎になっている人は、意外と多いとのこと。

そこで、足の使い方をセルフケアで改善する方法をお聞きしました! 

セルフケアで予防!足底筋膜炎の改善方法

足の痛みが気になる人は、次の方法を取り入れ、足の使い方を正していきましょう。
ただし、ひどく痛む場合はセルフケアが難しいため、整形外科か足の専門病院の医師にかかるようにしてくださいね。

足底筋膜炎のセルフケア方法 その1.ストレッチ 

普段からかかとに荷重がかたよって指がういている状態で歩いていることが原因で負担がかかり、凝り固まってしまっている足底筋膜を、緩めたり伸ばしたりすることでほぐしておくことが大切です。

これには、準備体操やラジオ体操などでよく行っている「アキレス腱を伸ばす」体操や、「足首を回す」行為が効果的なんだとか。

1日に1~3回、気づいた時に行うようにしましょう。
ただし、本当に痛い時は止めて、お医者さんに診てもらうようにしましょう。

足底筋膜炎のセルフケア方法 その2.青竹を踏む

市販で売られている青竹踏みを使うことも効果的なんだとか。

足底の筋肉・筋膜がぐーっとストレッチされて、緊張が緩むそうです。

また、足の裏には約70ものツボが集まっていて、これらのツボが内臓や体の各パーツに対応しているので、健康をサポートしてくれます。

1日3分、“ながら”でもよいので、毎日踏むようにしましょう。
歯磨きしながら、お風呂上りにテレビを見ながら、洗い物をしながらでもかまいません。土踏まずを中心に、青竹の上で足踏みしましょう。

足底筋膜炎のセルフケア方法 その3.インソールを靴底に入れる

靴の環境を変えることも足裏の筋肉・筋膜をサポートするために効果的。

足をサポートするようなタイプのクッション製があるインソールを、普段から履いている靴に敷いておきましょう。

最近では、女性がよく履くパンプスなどにもクッション製の高いインソールが入っているものがあるので、そういった靴を選ぶのも一つの手です。

 

足の痛みがあると、その不快感で日常生活を送るのが大変になってしまいます。
足底筋膜炎の予防をするためにも、今回ご紹介した原因をしっかり確認した上で、解決方法をぜひ試してみてくださいね。

 
 
監修/高山 かおる
一般社団法人足育研究会代表。専門は、接触性皮膚炎、フットケア、美容。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医。
URL:http://www.sokuiku.jp/
ライター/二本柳百合子
化粧品メーカーにて、コンテンツ制作とサイト運営に携わる。恋愛ストーリーにコスメを絡めた商品漫画、小説、動画の企画制作を担当し、現在は美容ライターとして活躍中。
0件の「いいね!」がありました。
  • velikokoラクチンきれいシューズ
  • ラクチンきれいパンプス開発ヒストリー