アシノコト
2015/03/13

人の肌と同じ!?靴のお手入れ基本知識

クリップ

こんにちは☆シューズラボプラスのあやのです。お気に入りの靴を長くキレイに履くためにお手入れは必須。でも、そもそもお手入れってどういうこと?とお思いの方もいらっしゃるのでは?!

そこで、今回はお手入れの基本やポイントをお伝えいたします。

靴のお基本のお手入れ

実は、本革って人の肌と同じで呼吸してるってご存知でしたか?靴をきれいに保つためには、ご自身のスキンケアと同じように靴もこまめにケアするのが大事です。
お手入れには、靴を履く前にするビフォアケアと靴を履いた後にするアフターケアがあります。

◆ビフォアケア

実は靴のお手入れって、履く前のケアが肝心なんです。
よく、みなさんも日焼けをしないように日焼け止めのクリームを塗ったりしますよね。
それと同じで、靴も履く前にクリームやスプレーで保護することで、汚れやキズを防ぐことができます。

さらに、ビフォアケアをしておくと汚れた時も汚れが落ちやすいので、アフターケアが楽になるんですよ♪

基本のビフォアケアは、防水スプレー。水や汚れから靴を守ってくれるだけではなく、汚れがついても落ちやすくなります。防水スプレーは靴から20~30㎝離して、片足5秒ずつくらいを目安に、円を描くようにかけると良いです。

1-防水スプレー アメダス_コロンブス2,160円(税込)
防水スプレー アメダス/コロンブス2,160円(税込)

 

◆アフターケア

 

2-靴を素足で履いているイメージ.靴と肌は似ている

 

靴を履いた後のお手入れもとても大事です!

分かりやすいように靴のアフターケアを女性の普段のスキンケアで例えると、

①クレンジングでメイクを落とす
②化粧水や乳液で肌に潤いを与える
③メイクをする

男性だと髪のケアで例えると分かりやすいでしょうか?

①髪をシャンプーで洗い、汚れとワックスを落とす
②リンスで髪のコンディションを整える
③ワックスをつけて髪をセットする

これを靴のお手入れに置き換えると

①クリーナーで汚れや前回のクリームの残りを落とす
②靴用のクリームで栄養を与える
③クリームを塗り込み、スプレー等で保護をする

靴の革も人の肌と一緒なんです。
前のメイクを落とさずに、さらにメイクを重ねたら厚化粧で、靴も表面をキレイにしてからじゃないとガビガビになってしまうことも…

アフターケアの際には、クリーナーを使ってきちんとリフレッシュさせてあげましょう。

3-靴をクリーナーで磨く

 

靴の収納と保管

基本のお手入れが終わったらさらに靴をきれいに保つために、きちんとした状態で保管しましょう。

①靴の湿気をしっかりとる
足の裏って1日に牛乳瓶1本分の汗をかいているって知ってました?
靴専用の乾燥剤を使い、しっかりと湿気を取り除きましょう。
靴を乾燥させるのに、2日ほどは置いたほうが良いので、なるべく同じ靴は連続して履かず、
3足程度をローテーションして履くのがオススメです。

4-靴は1度履いたら2日間休ませるために3足ローテーションで

 

4-靴は1度履いたら2日間休ませるために3足ローテーションで

 

②保管時は風通しの良い日陰で
靴に湿気と直射日光は大敵です。
湿気が多いところで保管するとカビの原因になります。
また、直射日光も靴の色あせを引き起こしますので注意しましょう。
 

5-靴は湿気が多いところで保管するとカビの原因になる

 

 

 
ライター/シューズラボスタッフ
マルイ靴売場での経験を活かし、お客さまからお問い合わせいただいて勉強したことや、日々実践していることを中心に記事を作成。靴が大好き。
この記事のタグ
1人のメンバーがいいね!と言ってます
1件の「いいね!」がありました。
  • velikokoラクチンきれいシューズ
  • ラクチンきれいパンプス開発ヒストリー