アシノコト
2015/03/27

カビや型崩れはイヤ!ブーツの正しい収納術

クリップ

こんにちは☆シューズLABO プラスのあやのです。やっと暖かくなって春らしくなってきましたね。
そろそろ衣替えでブーツをしまおうかな~と思っている人も多いのでは?そこで、ブーツの収納・保管方法をご紹介します。

シーズンオフの靴は、まず、しまう前にお手入れを!

1-シーズンオフの靴は、まず、しまう前にお手入れをする

汚れや雑菌がついたまま保管すると、劣化やカビの原因にもつながります。
素材ごとにしっかりお手入れをしてから、しまいましょう。

お手入れ方法は、こちらを参考にしてください。

・ムートン、スエードのお手入れ方法はこちら>>※スエードのお手入れはムートンのお手入れと同じです
・本革、合成皮革のお手入れ方法はこちら>>

2-レザーキュア カビ用ミストコロンブス(COLUMUS)
レザーキュア カビ用ミスト/コロンブス(COLUMUS)/ 1,296円(税込)

次の年にブーツを出してみたらカビが・・・とならないように、除菌もしっかりしておきましょう。
防カビ効果のあるスプレーをしておくのがオススメです☆

 

ブーツの収納保管のポイント

カビや型崩れなどを防ぐためにも、保管場所や保管方法は大切です!保管場所は次の項目をチェックしてみてください。
・保管場所はなるべく湿気の少ない場所を選ぶのが鉄則
・水まわりなどは避け、風通しの良いところで保管する
・なるべく地面から離れた高い場所が理想
・もちろん、下駄箱でも良いでが、意外と湿気がこもりやすいので、除湿剤を一緒に置く

 

保管方法のおススメ3選

まずは、ブーツの型くずれを防ぐためにブーツキーパーをしっかり入れましょう。
専用のブーツキーパーがオススメですが、ブーツを買った時に、筒の中に入っている厚紙でも代用できます。
できれば、ブーツ本体や飾りの型崩れやキズ、汚れを防ぐためにブーツを立てた状態で保管するのがオススメです。

ブーツキーパーを入れたら次は保管方法を決めましょう。
収納方法をオススメ順に3つご紹介します。

①織布の袋に入れて立てて保管

3-不織布の袋に入れてブーツを立てて保管

不織布は他の素材よりも通気性が良いので、靴の保管にはぴったりです!
靴屋さんで買った時に付いてくるものでも良いですし、最近では100円ショップでも売っているので、
ぜひ参考にしてみてください。

②靴箱の中で立てて保管

4-ブーツは靴箱の中で立てて保管

ブーツキーパーを入れて立てたまま保管をしましょう。
立てた状態のままであれば、型崩れの心配も少なくなります。除湿剤を忘れずに。

③買った時の箱の中に保管する

5-ブーツを買った時の箱の中に保管する

箱に入れれば重ねて保管もできて便利ですよね。
ただし、箱の中は湿気がこもりやすいので、靴専用の除湿剤を一緒に入れて保管しましょう。

汚れ落とし、型崩れ防止、湿気対策の 3 つをしっかりして、次の年もキレイな状態で履けるようにしたいですね。
 

 
ライター/シューズラボスタッフ
マルイ靴売場での経験を活かし、お客さまからお問い合わせいただいて勉強したことや、日々実践していることを中心に記事を作成。靴が大好き。
この記事のタグ
2人のメンバーがいいね!と言ってます
2件の「いいね!」がありました。
  • velikokoラクチンきれいシューズ
  • ラクチンきれいパンプス開発ヒストリー