アシノコト
2015/06/26

2倍も長持ち!?知っておきたいレインブーツのお手入れ方法

クリップ

こんにちは♪シューズLABOスタッフのあやのです。梅雨入りして雨の日も増えてきましたねー。最近ではかわいいレインブーツが増えていますが、その中でも多いのがラバー素材。 そこで今回はラバー素材のレインブーツのお手入れについてご紹介いたします♪

そもそもレインブーツってお手入れする必要あるの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実は!レインブーツって、放っておくとどんどん劣化してしまうんです…

ラバー素材の種類は主に2つ

レインブーツに使われているラバーつまりゴムには、天然ゴムと合成ゴムの、主に2種類があります。
ゴムの樹の樹液を固めて作った天然ゴムは弾力性に優れ強度が高いですが、熱や化学薬品には弱いです。
エーグルやハンターなどに使われています。 

石油を混ぜて作る合成ゴムは、熱や摩擦には強いですが、黄ばみや色あせしやすい特徴があります。
10,000円以下のラバーブーツは合成のものが多いです。

お手入れすれば寿命は伸びる

ラバーブーツの平均的な寿命は1~2年と言われています。
年に数回しか履かないのに 1 ~ 2 年しかもたないなんて悲しすぎますよね。
でも!
きちんとお手入れすれば寿命を2倍近く伸ばすことができるのです。

ラバーブーツにありがちなトラブルは「 ひび割れ ・黄ばみ ・硬化」の3つ。
これを防ぐためには専用のクリーナーでお手入れしましょう。 ハンターなどは専用のクリーナーを販売しているので、そちらを使うのもオススメです。
今回は、こちらのコロンブスのクリーナーを使って、実際に私が持っているレインブーツをお手入れしながら説明していきますね。このクリーナーにはツヤ出しの効果とレインブーツを摩擦などから保護する役割があります。

1-ブーツクリーン60_コロンブス(COLUMUS)_864円(税込)
(シューケア)ブーツクリーン60/ コロンブス(COLUMUS)/ 864円(税込)

ラバーブーツのお手入れ方法

① 柔らかいタオルで表面の汚れを落とす

2-柔らかいタオルで表面の汚れを落とす

② レインブーツにクリーナーをスプレーする

3-レインブーツにクリーナーをスプレーする

③ 乾いた布でふきとる

4-乾いた布でふきとる

するとこんなにキレイに!
お手入れ前と比べるとツヤも違いますね。

5-ブーツのお手入れビフォアとアフター

④ 中に乾燥剤を入れて中の湿気をとる

6-シュードライ_コロンブス(COLUMUS)_1,188円(税込)
シュードライ/ コロンブス(COLUMUS)/ 1,188円(税込)

防水性の高いレインブーツは通気性があまりよくありません。
なんと!人は足裏に一日でコップ一杯分の汗をかくと言われているんです。
そのままにしておくと臭いの元ですので、内側からしっかりケアしておきましょう。

今から、お手入れをしておけば冬の雪シーズンにも大活躍してくれますよー♪

その他のお手入れの前にレインブーツを欲しくなってしまった方はこちらから>>

 

 
ライター/シューズラボスタッフ
マルイ靴売場での経験を活かし、お客さまからお問い合わせいただいて勉強したことや、日々実践していることを中心に記事を作成。靴が大好き。
この記事のタグ
0件の「いいね!」がありました。
  • velikokoラクチンきれいシューズ
  • ラクチンきれいパンプス開発ヒストリー