アシノコト
2016/01/02

煩わしいインソールのトラブル、解決します!!

クリップ

急に靴を脱がなくてはいけなくなった時、靴の中にくっきり足の跡が! なんてことありませんか? インソールが汚れてしまっていたり、場合によっては破れているなんてことも。靴修理店では、インソールの貼り直しはもちろん、交換も出来ますので、ご安心ください!

インソールがずれたり、剥がれてしまったら

インソールが靴の中でずれたり、靴を脱ぐたびに剥がれて足についてくる、なんてことありませんか?

靴修理をしていると、割とよくあるお客様からのご相談です。婦人靴のインソールは、ほとんどの場合、靴の中に接着剤で固定されています。そのため歩いているとどうしても、同じ方向に力が加わるため、インソールがずれて最終的には剥がれてしまいます。

そんな時は、靴修理店でしっかり貼り直してもらいましょう。専用の接着剤があれば、ご自身での修理も可能ですが、やはり専門店の方が安心です。元々ついているインソールを貼り直す場合は、履いている靴をその場で直せるくらい短時間で出来上がります。

ただ、雨が靴の中まで染み込んでしまっているような場合は、接着剤が効かず、その場での修理は難しくなってしまいますので、ご注意ください。

インソールの交換

インソールが剥がれてしまった場合は再接着で直りますが、破れてしまった場合や、足の跡がくっきりとついてしまった時は、交換をオススメします。インソールの汚れはクリーナーである程度、きれいにすることが出来ます。

ですが汚れが革の中までしっかり染み込んでしまっていると、クリーナーで拭いても完全に落とすことは出来ません。そんな時は交換してあげると、すっきり新品同様になります。インソールの交換は、現状ついているものを剥がし、新しい革や合成皮革で同じ形のインソールを作成して貼り直す作業となります。色を完全に合わせるのは難しいですが、近い色で仕上げることで違和感なく履けるようになるかと思います。

また、インソールを剥がす際、古くなってつぶれてしまっている、中のクッション材も取り換えることが出来るので、履き心地も新品に近い状態に仕上げることが出来ます。

かかとの内側が傷んだら

靴の中のトラブルで、インソールの次に多いのが、かかとの部分。この部分、毎日脱ぎ履きするたびに、こすれるので傷みやすい部分になります。履き口の糸がほつれたり、場合によってはかかとの内側の革が破れて穴が開いてしまうなんてことも。

そんな時、靴修理店では上から革を1枚かぶせて、履き口部分の縫い目にあわせて縫い付けることで、新品のような形でお直しすることが可能です。市販のパッドのように、シールになっていて貼り付けるものもあったりします。

ですが、シールタイプのものは、剥がれてしまいやすいのです。靴修理店に依頼すると、しっかり縫い付けるので、ずれたり剥がれたりする心配もなく安心して履いていただくことが出来ますよ!

意外と多い、靴の中のトラブル。脱ぎ履きのたびに足にくっついてきたり、ずれてしまったり、煩わしいですよね。靴修理店では、その場で解決できるような場合も、たくさんあるんです。

 
ライター/高見 雅治
靴修理店doekを経営。ハンドバッグメーカーに勤めていた経験を活かし、相談から作業まで一括自身で修繕を行っている。
0件の「いいね!」がありました。
  • velikokoラクチンきれいシューズ
  • ラクチンきれいパンプス開発ヒストリー