アシノコト
2016/01/06

靴は染め直せる! 色落ちした時の対処法とは!?

クリップ

お気に入りの靴を長く履いていると、色が褪せたり、すれて色が落ちてしまったり、なんてことありますよね。ご自身で出来る靴クリームでの補色方法や、意外な使える道具、靴修理店で染め直す際の注意点をご紹介します!!

色褪せ対策で気を付けたい事

No13_01_r_色褪せ落ち対策で気を付けたい事

革の靴を長く履いていると、どうしても色が全体に白っぽくなったり、こすってしまって色が落ちてしまうなんてことありますよね。革の色褪せは避けては通れない現象なのですが、少しでも遅らせるためにはどうすれば良いか?

まずは簡単です。無色のものでかまいません、靴クリームを時折、靴に塗り込んでください。なぜかというと、革は乾燥して表面が白っぽくなる場合があるからです。そんな時は油分の入った靴クリームを全体に塗り込むだけで、元の色がしっかり出てきます。

特に買ったばかりの新しい段階で、一度無色の靴クリームでケアしておくのは効果的ですよ。乾燥を防ぐことはもちろんですが、革にしっかり油分をしみ込ませておくと、汚れや雨水がしみ込みにくくなります。色褪せを防ぐだけでなく、汚れやシミへの対策となりますので、ぜひ試してみてください。

ご自身でも出来る、意外と簡単な補色方法

No13_01_r_ご自身でも出来る、意外と簡単な補色方法

無色の靴クリームでの保湿で、色褪せを遅らせることが出来るとご案内しました。それでも色が薄くなったり、傷がついて色が落ちてしまった時はどうしたら良いかというと、基本的には色付きの靴クリームを使うことになります。

やはり専門の道具、これが一番簡単です。靴の色に近い靴クリームを選んで、全体に塗り込み、しっかりブラッシングしてあげてください。それだけでだいぶ色は戻るはずです。

茶色など、濃い色と薄い色のクリームで悩んだ場合は、薄めの方を選んでくださいね。すれた傷の部分はクリームがグッと入り込むため、少し濃い目に色が付いてしまうことがあります。そんな時、薄めの色の方が安心だからです。色付きのクリームといっても、元の色が変わるほど色が付くわけではないので、怖がらずに使ってみてくださいね。

あと裏ワザとしてはクレヨン。靴クリームより手元にない気もしますが、傷を隠すのに便利だったりします。

靴修理店での染め直し

ご自身で出来るといっても、ちょっと心配だなという時は靴修理店に相談しましょう! 靴クリームでの補色で綺麗に仕上げることが出来たり、場合によっては染め直すことも可能です。

染め直しに関しては、白など明るくハッキリした色の場合、すごく綺麗に仕上げることが出来ます。また、ムラ感なく元の色に戻したい時にも、靴クリームでは難しい、均一な仕上げにすることが出来ます。

ただ多くの場合が、顔料で革の表面を塗る作業になるため、履いているうちに塗装が剥がれてしまうことがあります。綺麗にしたいからといって、すぐ染め直しをしようとすると、費用もかかり、革本来の良さを失ってしまうなんてことも。出来る限り靴クリームで対応するのが、靴にとっても良いといえるのかもしれません。

履きなれた靴、出来る限り綺麗に保ちたいですよね。日々のお手入れで出来ること、意外と多いですよ。それでもだめなら靴修理店に相談してみてください。きっと綺麗にすることが出来ますよ!

 
ライター/高見 雅治
靴修理店doekを経営。ハンドバッグメーカーに勤めていた経験を活かし、相談から作業まで一括自身で修繕を行っている。
0件の「いいね!」がありました。
  • velikokoラクチンきれいシューズ
  • ラクチンきれいパンプス開発ヒストリー