アシノコト
2016/11/14

ブーツの種類別お手入れ方法!正しい保管方法を行えていましたか?

クリップ

いよいよブーツの季節が到来ですね。昨年、ブーツを正しく保管できていましたか? 押入れから出した時、カビっぽい臭いがしたら嫌ですよね……でも、大丈夫! 

今回は、靴のスペシャリスト・飯野 高広さんにブーツを履く前の正しいお手入れ方法と、失敗しない保管方法を教えて頂きました! ぜひ、参考にしてみてくださいね。

ブーツは素材によってお手入れ方法が変わる!?

秋によく履かれるブーツの種類には、ショートブーツやロングブーツ、ニーハイブーツなどがありますが、実は丈の長さではお手入れ方法は変わらないのだとか。

「ブーツを履き降ろす時は、革やスウェード、エナメル素材によってケアするポイントが違ってきます。それぞれの素材に合ったお手入れ方法を実践するようにして下さい」(飯野さん)

今回は以下の3つのお手入れ方法を紹介して頂きました! 
 

  • 革(ヤギ・羊)
革ヤギ_羊

革は柔らかく、傷つきやすい素材です。そのため、市販で売られているロウの入っていない油っけのない「デリケートクリーム」を軽く塗ってあげましょう。

その後、乾拭きすることで、革素材に必要な水分を回復させてあげることができます。
 

  • スウェード、ムートン
スウェード_ムートン

これらの素材は、保管中に干からびてしまうことがあります。そういった場合は、市販で売られているスウェード素材専用のスプレーを履く前に吹きかけましょう。

これは、革素材のお手入れの時に使う「デリケートクリーム」がスプレーになったようなもので、必要な水分を回復させ、素材の滑らかな質感を蘇らせることができます。
 

  • エナメル 
エナメル

こちらもエナメル素材専用のクリームを使うことで、表面のくすみを取ることができたり、ポリウレタンのコーティングが履いた時に広がって割れてしまうのを、防ぐことができます。こちらも市販でよく売られているため、手に入りやすいアイテムです。

また、冬などの気温が低い季節には、手で揉みほぐして暖めることで、履いた時のコーティングの割れを防ぐことができます。

来シーズンも履ける!ブーツを長持ちさせる保管方法とは

素材別のお手入れ方法はとても大切ですが、ブーツを長持ちさせたいならそれ以上に保管方法が重要となってくるようです。

今回は、飯野さんから教えて頂いたとっておきのセルフケア方法をご紹介します! 
 

  • インソールや内側を拭く
インソールや内側を拭く

まずは、除菌可能なアルコールウェットシートなどで、インソール(中敷)や内側を拭くようにしましょう。

ブーツのインソールは手が届きにくいですが、最も雑菌がはびこりやすい部分です。割り箸などの棒を使って、つま先の方まで拭き取るようにして下さい。
 

  • しっかり乾かす
しっかり乾かす

シーズンが終わったからといってすぐに靴箱には入れず、ゆっくり乾かした後で靴箱や押入れで保管するようにして下さい。

その際、あまり天日干しにはしないようにしましょう。日光が差し込む窓辺などで乾かすなどある程度は大丈夫ですが、直射日光の下だと革が痛んだり、色が抜けてしまう可能性があります。

レディースシューズはデリケートな色のものが多いので、あまりおすすめしません。水辺から離れている玄関などで乾かすようにしましょう。
 

  • 芯を入れる 
芯を入れる

ブーツがペシャンコになってしまわないように、筒状に丸めた新聞紙などを入れてから保管しましょう。最近ではリーズナブルな値段で“ブーツキーパー”などのアイテムが売られているので、シワを付けないようにするためにも使用をおすすめします。

また、海辺の近くなど湿地が多いエリアだと、保管中にカビが発生してしまう場合があります。そういったケースには、新聞紙やブーツキーパーと一緒に水を吸ってくれるスポンジを入れておくと、カビを防ぐことができます。
 

  • 靴箱を開ける、場所を移動させる
靴箱を開ける場所を移動させる.

1日に1回は靴箱などの保管場所の扉を開けるようにしましょう。空気の滞留を防ぐことで、溜まっていた湿気を飛ばすことができ、カビの発生を防ぐことができるためです。保管場所を少し移動させるだけでも効果があります。
 

  • エナメルブーツの保管方法には注意を!
エナメルブーツの保管方法には注意を

エナメルブーツは両足をくっつけないように保管することが大切です。エナメル素材がはがれてしまうことがあるためです。靴箱や押入れに入れる際は、大きな紙でそれぞれを包んであげてから、保管するようにしましょう。

履く前のお手入れ方法と保管方法をしっかり知っておけば、お気に入りのブーツを長持ちさせることができます。今回、飯野さんに教えてもらった方法は、どれも簡単なものばかり! ぜひ、試してみてくださいね。 

 
 
監修/飯野 高広
服飾ジャーナリスト。雑誌やWEBへの寄稿で活躍する傍ら、服飾系専門学校で近現代ファッション史の講師も務める。
URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4023308226/elastic0f-22/ref=nosim/
ライター/二本柳百合子
化粧品メーカーにて、コンテンツ制作とサイト運営に携わる。恋愛ストーリーにコスメを絡めた商品漫画、小説、動画の企画制作を担当し、現在は美容ライターとして活躍中。
0件の「いいね!」がありました。
  • velikokoラクチンきれいシューズ
  • ラクチンきれいパンプス開発ヒストリー