アシノコト
2016/11/23

セルフケアの基本の“き” 靴クリームの選び方

クリップ

革靴のお手入れ、ご自身でされておりますか? ご自宅の玄関先にあると便利な靴クリーム。買いに行くといろいろな種類があって迷いますよね。タイプ別に用途に合った使い方をご案内します!

簡単にきれいに見せる、塗るだけタイプ

簡単にきれいに見せる、塗るだけタイプ

いろいろなアイテムを揃えて、きれいに磨きたい気持ちもありますが、出かけるときは、だいたい時間がありません。 そんなとき、とにかくササッときれいにしたいとき、おすすめなのが、塗るだけ簡単な、液体やスポンジタイプの靴磨き。これらは靴の表面を樹脂でコーティングしてツヤを出してくれます。

メリットは何といっても、塗るだけで乾けば仕上がってしまう点。正直なところそのくらい簡単に済ませたいですよね(笑)。デメリットはというと、樹脂の膜が強く簡単には落とすことができません。

繰り返し使うと、どんどん厚塗りになっていき、場合によっては革がひび割れた!なんてことも。お化粧を落とさず塗り続けるイメージですね。簡単だからとはいえ、使いすぎには注意が必要です。

革に栄養を与えたい

革に栄養を与えたい.

お気に入りの靴、できれば長く履きたいものです。そんなときにおすすめなのが乳化性のクリーム。塗るだけ簡単の表面をコーティングするタイプに比べ、塗ってあげることでクリームが革に浸透し乾燥を防いでくれます。

乾燥を防ぐことで、ひび割れの原因を防ぎ、色あせも抑えることができます。もちろん、靴の色にあったクリームを使えば、補色をすることも。ツヤ感はやや控えめではありますが、ブラッシングと乾拭きをしてあげることで、十分きれいに靴を保つことができます。

乳化性のクリームに関しては、クリーナーで比較的簡単に落とすことができるので、厚塗りになる心配もありません。ブラシ、乾拭き、クリーナーと、ほかにも必要なものが出てきてしまうデメリットはありますが、長く履きたい靴にはおすすめです。

革をピカピカにしたい!

革をピカピカにしたい

紳士靴ほどでないにしろ、女性の靴も光っているときれいに見えます。そんなときは、固形の油性ワックスがおすすめ。缶に入っているタイプが多いです。

乳化性のクリームは、油と水とロウを混ぜて柔らかいクリーム状にしてありますが、油性のワックスは、ほぼロウ。光らせることに特化したクリームといえます。

もちろんそれだけを、全体にごく薄く塗り込んで、しっかり乾拭きするだけでも、かなりツヤを出すことができますが、「乳化性のクリーム+油性ワックス」がおすすめ。

栄養分は乳化性のクリームで入れて、そのあとワックスでしっかり光らせます。ちょっとコツがいりますが、油性ワックスと、ごく少量の水を使って、靴の表面を鏡面のように光らせることも。「鏡面磨き」なんて言われたりします。ぜひチャレンジしてください。

靴クリームも、いろいろあって迷いますよね。基本を押さえれば、選ぶのも比較的簡単かと思います。これからの季節は、革靴を履く機会も多いですよね。ぜひご自身で磨いて、きれいな靴を履いてくださいね!!

 
 
ライター/高見 雅治
靴修理店doekを経営。ハンドバッグメーカーに勤めていた経験を活かし、相談から作業まで一括自身で修繕を行っている。
0件の「いいね!」がありました。
  • velikokoラクチンきれいシューズ
  • ラクチンきれいパンプス開発ヒストリー