アシノコト
2017/02/09

もう滑らない!しっかりした靴の雪対策

1246 view
クリップ

いよいよ本格的な冬がやって来ましたね。すでに大雪が降ったところもあり、ちょっと心配になりますね。ですが、安心してください!雪の日も安全に歩くための靴やアイテムを活用することで、滑らないための対策ができます!

抜群の安心感!雪用ブーツ

SUPERFIT(スーパーフィット) ウォータープルーフ ミドルブーツ / シュークローゼットセレクト(SHOE CLOSET SELECT)

朝起きて外を見ると、雪が積もっていた。さあ、何を履いて出かけるか困りますよね。レインブーツは滑りそうだし、もちろん、いつものパンプスというわけには行きません。ちょっとした雪なら良いですが、しっかり積もってしまったときはスノーブーツがあれば安心です。当たり前すぎる話ですが、雪用に作られた靴が一番なのは間違いありません。

防水で温かく、滑りにくい。最近ではアウトドアブランドのオシャレなものも多いので、極端にやぼったくなる心配もありません。機能面でいえば、靴底に金属製のスパイクが内蔵されているものまであったりします。明らかに雪が積もって滑りやすいときに出かける際は、スノーブーツがあれば快適に過ごすことが出来ますね!専用の靴が一番です!

普段の靴に後付けするだけで安心のアイテム

とはいえ、仕事に行くのにあんまりにもアウトドアっぽい靴は履くことが出来ない…。わかります!!そんな時は、普段履いている靴の上から取り付けることの出来るスパイクや滑り止めを利用しましょう。

マジックテープやゴムで靴に取り付けるタイプなので、雪の無い地下や建物に入ったときには簡単に取り外せます。最近では比較的安価なものも販売されているので、一つ持っておくと便利かもしれませんね。

【雪・氷上対策】【男女兼用】ハンディユキダスタウン /コロンブス(COLUMUS)

普段の靴に着けるタイプでも、まるでタイヤのチェーンのような、いわゆる鎖が靴底に取り付けられる本格的なタイプもあります。機能性はもちろん、インパクトも抜群ですよ。床を傷つけてしまうこともあるので、建物の中に入るときは必ず外してくださいね。

靴修理店での、雪用修理って?

自分で取り付けることの出来るアイテムは、靴を傷つけそうで不安…。そんな時は専門店に相談してみましょう。雪用の滑りにくいゴムソールを用意している靴修理店は割と多いです。ゴムのタイプが多いので、スパイクなどに比べると効果は弱いかもしれませんが、靴底に接着するため、着けたり外したりの手間が要らなくなります。もちろん建物の中にもそのまま入ることが出来るので安心です。

また最近では、ガラス繊維の入ったゴムで、氷の上でも滑りづらい特殊な材質のものも出てきております。そういったものを選ぶと、アイスバーンのような路面が凍結している状態でも滑りにくかったりします。なかなか状態に合わせて、というわけには行きませんが、靴修理店を利用するのも一つの選択肢かと思います。

いかがでしたでしょうか?雪用のブーツや靴はもちろん、後付けできるスパイクや、靴修理店で着ける滑り止めでも、全く何もしないよりは、だいぶ効果があると思いますよ!是非、活用してみてくださいね!

 
 
ライター/高見 雅治
靴修理店doekを経営。ハンドバッグメーカーに勤めていた経験を活かし、相談から作業まで一括自身で修繕を行っている。
0件の「いいね!」がありました。
  • velikokoラクチンきれいシューズ
  • ラクチンきれいパンプス開発ヒストリー